【メディア企業徹底考察 #88】「ふわっち」のjigが新規上場、ツイキャスよりも成長性が高いのは本当か?

ライブ配信サービス「ふわっち」を運営する株式会社jig.jpが2022年11月17日に上場承認され、12月22日グロース市場に新規上場します。

jigの事業は大きく2つに分けられます。「ふわっち」を主力としたBtoC事業と、プログラミング専用こどもパソコン「IchigoJam」を自治体などに提供するBtoB事業です。

■jigの事業内容

しかし、BtoB事業は2022年3月期の販売高が4,500万円(構成比率0.5%)ほどしかありません。会社の成長は「ふわっち」が担っています。

この分野で競合するサービスがモイ株式会社の「ツイキャス」。両社のサービス内容は極めてよく似ています。両社を比較すると、「ふわっち」の方が成長性が高いと考えられる要因がいくつか浮かび上がってきます。

高収益体質のANYCOLORと同じビジネスを展開できるか?

jigの設立は2003年5月。2004年10月携帯電話向けブラウザ「jigブラウザ」、2010年5月携帯電話向けTwitterクライアント「jigtwi」、2014年4月プログラミング専用こどもパソコン「IchigoJam」、2014年6月行政向けオープンデータ化支援サービス「オープンデータプラットフォーム」など、様々なサービスを提供してきました。

2015年9月にリリースした「ふわっち」のリリースで潮目が変わります。

ライブ配信分野は、「YouTube」「ニコニコ生放送」などの大手動画配信プラットフォーム、先行してライブ配信特化型サービスを開始していた「ツイキャス」「SHOWROOM」「17Live」、後発組の「Pococha」など、競争の激しい領域。「ふわっち」は匿名で投稿できることや、投げ銭のほかにランキング報酬が設けられているために配信者から「手軽に稼げるサービス」という認知を獲得し、レッドオーシャン化したマーケットで生き残りました。

2022年3月期の売上高は89億8,400万円。先行してサービスを開始していた「ツイキャス」のモイをすでに上回っています。

2023年3月期の売上高は前期比13.5%増の101億9,800万円を予想しています。モイに先駆けて100億円の大台にのせる公算が高まりました。

jigは2022年3月期に2億5,300万円の経常損失(前年同期は6,600万円の経常利益)を計上していますが、2023年3月期は9億2,100万円の経常利益を予想しています。

予想通りに着地すると、jigの経常利益率は9.0%。一方、モイの経常利益率は3.7%です。売上高の成長スピードと利益面でjigがやや上回っています。

2社の業績に大きく影響しているのが、有料ユーザー数とユーザー単価でしょう。「ふわっち」は「ツイキャス」よりも有料ユーザー数が少ないものの、単価が圧倒的に高いという特徴があります。

[MMS_Paywall]

「ふわっち」の月間ユーザー単価は23,387円。ツイキャスのおよそ4倍です。

ただし、「ツイキャス」の有料ユーザー数は「ふわっち」を2.6倍上回っています。「ふわっち」の有料ユーザー数が少ないことはマイナス要因でもありますが、高単価であることからむしろプラス要因だと捉えるべきでしょう。コミュニティは小さいながらも参加者の熱量が高く、配信者を熱心に応援している姿が浮かび上がるからです。

jigは有料ユーザー数の熱量が高いことに注目し、今後はデジタルコンテンツ「ボイス」の販売や、ライブコマースによる売上高の伸長を計画しています。デジタルコンテンツで成功しているのがANYCOLOR株式会社。ライブ配信単体で業績を伸ばし続けるのは難しく、jigの計画が上手く進めばモイを大きく引き離すことにもなるでしょう。

「ふわっち」のユーザー層は30~40代がメイン。比較的生活に余裕のある世代で、成長のポテンシャルを持っています。jigのトップラインの伸びは今後の注目ポイントの一つです。

鯖江市に移転したことで人件費の抑制に成功

年齢層が高いことは利益面でも有利でした。下の表は売上高に占める主な経費の比率です。配信者に対する報酬は両社ともおよそ50%で大きく変わりません。注目したいのは決済手数料です。「ツイキャス」は24.6%、「ふわっち」は18.0%。同様のサービスにも関わらず、6.6ポイントも下回っています。

■主な経費の売上高に占める割合

「ふわっち」はブラウザでの利用者が多いことが背景にあると考えられます。年齢層が高い世代は、ブラウザでの閲覧に抵抗感がありません。jigはブラウザでの閲覧に割引サービスを導入するなど、決済手数料引き下げに力を入れています。

若年層はスマートフォンが中心であり、ユーザー数も多い「ツイキャス」が決済手数料を引き下げるのは容易ではありません。ライブ配信事業は、配信者への報酬と決済手数料で売上の70%が削られてしまいます。この割合をいかにして引き下げるのかは、事業構築上の重要なポイントです。

もう一つ注目したいのが、jigの給与の低さ。売上高のわずか1.8%に留まっています。jigは2013年6月に東京都新宿区から福井県鯖江市に本店を移転しました。地方へ移転したことにより、1人当たりの人件費を低くできたものと考えられます。

jigの2022年9月末時点での平均年間給与は540万円。モイは700万円(2022年2月末)です。なお、jigは従業員数が65名、モイは34名。モイは社員数の抑制に成功していますが、人件費はjigの方が安く抑えています。

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、東京都の賃金(平均月収)は、36万4,200円。福井県が27万7,700円でした。2つのエリアの差異は23.8%。jigとモイの差は22.9%。ほぼ同じ水準です。

地方は都市部に比べて人材獲得の難易度が高い傾向はありますが、人件費や安く抑えられます。jigが採用や人材育成ノウハウをすでに確立しているのであれば、人件費を安く抑えた効率的な経営ができるで

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,463フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事