国内外のメディア・広告関連企業が共同で「オリジネーター・プロファイル(OP)技術研究組合」を設立

国内外のメディア、広告関連企業などが共同で「オリジネーター・プロファイル(Originator Profile=OP)技術研究組合」を設立しました。

OP技術は、インターネット上のコンテンツ作成者、デジタル広告の出稿元などの情報を検証可能な形で付与する技術で、信頼できる発信者を識別可能にすることで、フェイクニュースやアドフラウドなどの抑止につなげています。

組合では今後、国内でのOPの仕様策定と試験実装を進めてWeb標準化と社会実装を目指し、研究で得られた知見をもとに、Web技術の標準化団体「 W3C(World Wide Web Consortium)などへの提案を進めるとしています。

【オリジネーター・プロファイル(OP)技術研究組合 概要】
・設立日 2022年12月15日
・理事長 村井純(慶應義塾大学教授)
・組合員
朝日新聞社、WebDINO JAPAN、産経新聞社、ジャパンタイムズ、中日新聞社、日本テレビ放送網、News Corp、fluct、毎日新聞社、Momentum、読売新聞東京本社(五十音順)
・準会員
慶應義塾大学サイバー文明研究センター、ADKマーケティング・ソリューションズ、電通、博報堂DYメディアパートナーズ
・本部所在地 東京都千代田区大手町1-7-1
・主な事業内容 OP技術の開発と社会実装に向けたルール構築
・組合ホームページ
https://originator-profile.pages.dev/

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事