「週刊朝日」が2023年5月末で休刊を発表

朝日新聞出版は、総合週刊誌「週刊朝日」を2023年5月末をもって休刊すると発表しました。

「週刊朝日」は、大正11(1922)年に創刊。2022年に創刊100周年を迎えた日本最古の総合週刊誌です。

「週刊朝日」媒体資料より

2022年12月の平均発行部数は74,125部。同社の業績は堅調ですが週刊誌市場の販売部数・広告費が縮小するなか、同誌の休刊を決定しました。

なお、「週刊朝日」の定期購読は休刊にともない新たな取り扱いを中止。今後はウェブのニュースサイト「AERA dot.」や、書籍部門に注力していくとのことです。また、同社が発行する週刊誌「AERA」は「AERA dot.」との連携を強め、ブランディングを強化していきます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,467フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事