朝日新聞社と信濃毎日新聞社、2025年から印刷で連携することで合意

・朝日・信濃毎日、印刷で合意 ・長野県内2.7万部を印刷 ・読者への影響なし

メディア 新聞
朝日新聞社と信濃毎日新聞社、2025年から印刷で連携することで合意

株式会社朝日新聞社(東京都中央区築地)と信濃毎日新聞株式会社(長野県長野市)は、2025年春から長野県内で発行される朝日新聞朝刊の印刷を信濃毎日新聞社で行うことに基本合意しました。

これにより、朝日新聞社は群馬県の藤岡工場閉鎖に伴う長野エリアの印刷拠点を確保し、信濃毎日新聞社は新たな印刷業務を受託することになります。

朝日新聞社は、長野県東北信方面の朝刊約2.7万部を含む県内全域の朝刊を信濃毎日新聞社に委託する予定です。

信濃毎日新聞社は、長野市と塩尻市に既存の印刷工場を持ち、現在は松本市今井に新工場の建設を進めています。この新工場は2024年秋の稼働を目指し、2026年前半には塩尻工場を閉鎖し、長野工場と松本新工場の2工場体制に移行する計画です。

朝日新聞の印刷は、委託開始当初は塩尻工場で行われ、その後松本新工場へと移行する見込みです。

長野県内では、既に両社の販売分野での協業が進んでおり、今回の印刷委託により、輸送面での連携も一層深まることが期待されます。朝日新聞社は、読者に対して、現在の販売店を通じた配達体制に変更はなく、今回の印刷委託による読者への影響はないとしています。

この協業は、新聞業界における地域密着型の効率的な運営モデルとして注目されており、両社の取り組みが他のメディア企業にも影響を与える可能性があります。また、新聞印刷の地域内完結は、環境負荷の軽減にも寄与すると期待されています。今後の実務協議を経て、具体的な印刷委託の詳細が決定される見通しです。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集