カカクコムの子会社で、映画情報メディア「映画.com」を運営する株式会社エイガ・ドット・コムは、ホラー映画に特化した定額の動画配信サービス「OSORE ZONE」(オソレゾーン)を2019年2月を目処にオープンすると発表しました。

NetflixやAmazon Prime Videoなど、定額制の動画配信サービス(SVOD)が世界的に普及が加速していますが、広く網羅的に作品を集めたサービスが多く、このようにジャンルに特化したサービスは珍しいと言えます。エイガ・ドット・コムでは映画配給会社の株式会社シンカと提携し、サービスを実現。ホラー以外のジャンルにフォーカスしたサービスも検討しているとのこと。

「OSORE ZONE」では世界中から集められた数百本のホラー映画・ドラマがラインナップされ、月額500円(税別)で見放題となります。PCのほか、iOS、Androidのアプリでも視聴できるとのこと。サービス開始に先行して事前登録がスタートしています。

ウェブサイトでは「ホラー動画をお持ちの皆様へ」というページも用意されていて、プロ・アマチュアを問わず、広く配信可能なホラー動画を集めている模様。このような取り組みも面白いですね。

「映画.com」は1998年8月にオープンした老舗の映画情報メディアで、世界中の映画最新情報のほか、ユーザーによる映画レビューの投稿やコミュニティ、5万作品以上が網羅された作品データベースなどを提供しています。SimilarWebによれば2018年11月の月間ビジター数は1300万人。