デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)は、若年層に特化したインフルエンサーマーケティングサービスを提供するRERAISE株式会社と資本業務提携したことを発表しました。

通信インフラの高速化に伴い、動画を中心とするメディアやサービスが普及・浸透し、動画広告市場も拡大しています。なかでも、インフルエンサーを活用した動画によるインフルエンサーマーケティングに対する需要が増加しており、今後、広告主のニーズに応えるため、DACではこの領域の強化を推進しています。

インフルエンサーのプロダクションとして2018年3月に設立したRERAISEは、「TikTok」事業を強みとし、TikToker(ティックトッカー)と呼ばれる人気インフルエンサーのマネジメントのほか、TikTokにおける人気コンテンツの企画・制作といったクリエイティブなども手掛けています。

Advertising

今回の資本業務提携で、DACは、RERAISEのインフルエンサーの起用や、動画クリエイティブノウハウの活用を行うことで、主に若年層に向けた新しいクロスメディアサービスや企画・プランニングサービスの開発などに取り組むとしています。

さらにRERAISEは、2019年に株式会社アミューズ、株式会社テレビ東京コミュニケーションズとも資本業務提携しており、DACは将来的に両株主企業との協業の可能性も追求し、多様化するインフルエンサーマーケティング領域への対応力を強化していく予定です。

【RERAISE株式会社 概要】
代表者 代表取締役 又吉 教太
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-14-3 ワイズテラス原宿902号室
設立 2018年3月
事業内容 プロダクション事業、インフルエンサーマーケティング事業、スクール事業、人材サービス事業

【デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社 概要】
代表者  代表取締役社長CEO 島田 雅也
本社所在地  東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
設立  1996年12月
事業内容  メディアサービス事業、ソリューションサービス事業、オペレーションサービス事業