株式会社ジャストシステムは「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度)」の発表をしました。本調査は17~69歳の男女1,100名を対象にしています。

ファッションの情報源「Instagram」が首位に

スマートフォンで流行のファッション情報を調べる人のうち、「Instagram」を情報源として利用する人が最も多く29.4%となりました。これは「Google」の28.3%を抜いています。

2016年5月の調査では、ファッションの情報源として最も利用率が高かったのは「Google」の39.8%で、「Instagram」は2番手(17.1%)であり、「Instagram」が大きく利用率を伸ばしたことがわかります。

年代別に見ると、若年層ほど「Instagram」の利用率が高く、10代(52.9%)、20代(39.3%)、30代(28.9%)、40代(16.5%)、50代(13.2%)、60代(8.0%)でした。

外出先も「Instagram」で検索

スマートフォンでSNSのネタになるようなレジャースポットを探す人のうち、「Google」で調べる人は34.9%で、2016年5月度調査(48.1%)から減少しました。一方、「Instagram」で調べる人は19.3%で、2016年5月度調査(5.7%)と比較すると3倍以上の増加がみられています。

年代別で見ると、10代と20代は「Instagram」で調べる人が最も多く(10代:30.8%、20代:29.0%)、30代以降は「Google」で調べる人が最も多いことがわかりました(30代:37.9%、40代:40.9%、50代:52.2%、60代:36.1%)。

暇つぶしで見るのは「YouTube」

スマートフォンで暇つぶしになるようなネタを探す人のうち、暇つぶしに使っていると最も多くの人から挙がったのは「YouTube」(27.9%)、次いで「Google」(21.4%)、「Twitter」(19.8%)でした。

男女別に見た場合でも、ともに「YouTube」(男性:31.7%、女性:23.8%)が最多でしたが、次に利用率が高かったサービスは、男性が「Google」(25.8%)に対し、女性は「Twitter」(21.7%)でした。

調査期間:2019年6月24日(月)~6月29日(土)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、17歳~69歳の男女1,100名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査