BitStarがYouTuberを起用した新動画広告プラン「シャウトアウト」の提供を開始

株式会社BitStarは新たな動画広告プラン「シャウトアウト」の提供を開始しました。

提供の背景

BitStarは2015年よりインフルエンサーマーケテイング市場に参入、インフルエンサーと企業のマッチングプラットフォーム「BitStar」にて、現在までに多くのタイアップ動画を配信しています。

その実績から、「1本の動画全体を通じてYouTuberが詳しく商品やサービスを紹介」する従来の動画広告では、再生数がそのまま商品理解のリーチ数に直結せず、途中で離脱したユーザーには「動画の後半だと商品訴求がお届けできない」という課題を発見しました。

既に海外では成功事例も

今回提供を開始した『シャウトアウト』は、この課題が解決できるプランとなっています。

『シャウトアウト』ではYouTuberの投稿動画の冒頭部分(約1分間)を広告枠として取り扱い、クライアントの商品やサービスを紹介します。

冒頭約1分の広告枠の後に本編であるYouTuberの投稿動画が始まります。
動画の冒頭で商品PRを行うため、視聴者の視聴率も高く、ユーザーへのリーチ力の高さが大きな特徴です。

すでに海外での成功事例が多数あり、視聴者・クリエイターからの反応も良好とのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。

関連記事