ストックミュージックサービス「Audiostock」を運営する株式会社クレオフーガが、ゲームメディア「GameWith」を運営する株式会社GameWithと業務提携契約を締結しました。

GameWith所属のクリエイターを音楽面からサポートすることで、YouTuberをはじめとした新たなユーザーによるAudiostockの作品利用増加を目指すとしています。

業務提携の背景

ゲームメディアを運営するGameWithは、2016年9月からゲーム攻略等の「動画配信」をスタートし、ゲーム実況を中心としたクリエイターのマネジメント事業を手がけてきました。

 5Gの開始によって動画コンテンツの増加が見込まれる中、クリエイターはよりオリジナリティの高い動画制作・配信が求められると予想されます。今回の提携により、GameWith所属のクリエイターは、Audiostockが扱う約15万点のBGMや効果音など幅広いジャンルの音楽作品の利用が可能になり、動画制作のオリジナリティの向上が期待できます。

YouTubeでの音楽利用促進により、音楽クリエイターの収益化を支援

Audiostockで販売中の作品は、イベント、ゲーム、アプリ等のさまざまな用途で利用されています。中でも動画コンテンツにおける需要が最も高く、YouTubeにおいては2019年8月までに33万以上の動画に利用されています。

 クレオフーガは今後、YouTubeでの動画配信に関わる企業とのコラボレーションを強化することで音楽作品の利用シーンをさらに増やし、Audiostockの登録クリエイター約1万組のさらなる収益化を支援していくとしています。

■GameWithについて
GameWithは「ゲームをより楽しめる世界を創る」をミッションに、ゲームを有利に進めるための情報を提供する「ゲーム攻略」、ゲームを見つけるための情報を提供する「ゲーム紹介」、専属のゲームタレントがYouTube上で行う「動画配信」という主な3つのコンテンツを提供しています。

■Audiostockについて
Audiostockは音楽の使用ライセンスを売買できるサービス。クリエイターは自身で制作した音楽を登録して使用権を販売することができ、売上に応じた印税を受け取ることができます。顧客は購入手続きを行うだけで音楽の利用許諾を得ることができ、映像・ゲーム・アプリ等の商用コンテンツに音楽を組み込むことができます。