fbpx

GameWithの1Q業績、PV数は回復傾向にあるもののコスト増で大幅減益

会員限定記事

フェイスブックがMessengerとInstagramのチャット機能を統合…ユーザー利便性よりも訴訟逃れの戦術?

フェイスブック社は、Facebook MessengerとInstagramのダイレクトメッセージングサービスを1つのシステムに統合することを発表しました。統合により、両プラットフォーム間でのメッセージの共有が可能になります。

バズフィードのハフポスト買収、その背景と狙いは?【Media Innovation Newsletter】11/22号

毎週末発行、メディア業界の一週間を振り返る「Me...
アバター
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

株式会社GameWithが26日に発表した2020年5月期 第1四半期の業績(2019年6月1日~2019年8月31日)は、売上高7億4800万円(前年同期比▲1.7%)、営業利益1億3300万円(▲45.4%)、経常利益1億3200万円(▲45.4%)、純利益8500万円(▲49.8%)となりました。

当第1四半期累計期間においては、広告媒体のWebサイトを多数集めて形成されるネットワーク広告において、下落傾向が続いていたページビュー数が緩やかに回復しつつあるほか、引き続き広告単価が高い水準で推移しています。また、特定のゲームタイトルにおいてより多くの情報や動画など付加価値の高い広告枠を制作し当社サイトで提供するタイアップ広告においても、主にゲーム会社各社からの需要が高く、堅調に推移しました。一方、2019年5月期において既存事業に加えて新規事業及び海外展開で積極的な人材採用を推進した結果、主に人件費に関連する費用が増加しました。

今期の通期業績予想は、売上高32億1700万円(前年同期比2.2%)、営業利益6億1600万円(▲23.7%)、経常利益6億1600万円(▲23.7%)、純利益4億2000万円(▲38.7%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました

関連記事

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,121フォロワーフォロー

最新ニュース

右脳×時代性から考えるpart3…「メディアのイノベーションを生む50の法則」(#16)

メディアでイノベーションを実現するためにはどうし...

フェイスブックがMessengerとInstagramのチャット機能を統合…ユーザー利便性よりも訴訟逃れの戦術?

フェイスブック社は、Facebook MessengerとInstagramのダイレクトメッセージングサービスを1つのシステムに統合することを発表しました。統合により、両プラットフォーム間でのメッセージの共有が可能になります。

お知らせ

メディア業界求人

編集【総合自動車ニュースメディア】※アルバイト

仕事内容 総合自動車ニュースメディア「レスポ...

Web広告営業(プロデューサー候補)

仕事内容 まずは当社が運営する各メディアのビ...