noteを運営する株式会社ピースオブケイクは、9月の月間アクティブユーザー数(MAU)が2000万人を超えたと発表しました。MAU1000万人突破を発表した2019年1月末から利用者が倍増しています。

noteの会員登録者数は2019年1月末と比較して1.5倍の150万人、利用企業は2倍の500社超に成長。検索からの流入数は1.7倍、毎日1万件前後の投稿があつまり、投稿数は累計500万件を超えています。

表現するひとがきちんと報われる場づくりを強化

noteはメディアやプラットフォームでは当たり前だった「ランキング」「広告」がないことで、お互いの多様性を認め合い、コンテンツに敬意をはらい、いいクリエイティブが生まれる雰囲気づくりを目指しています。

190820 - 全社

noteとメディアの連携で多くの作品が誕生

2018年4月にスタートした「noteクリエイター支援プログラム」では、noteで話題のクリエイターを定期的に53のメディアパートナー(2019年8月時点)へ紹介。書籍化や連載に向けて関心を寄せたパートナーからのオファーで2019年は、以下の作品が刊行されました。

創作のきっかけづくりと機会の提供

noteでは創作活動のキッカケづくりや、よいクリエイターの発掘をしており、noteや企業スポンサーが「お題」を提示して、クリエイターの投稿を募集。2019年以降には以下のコンテストや書籍化・映像化が決定しています。

  • 2019年2月:土屋鞄製造所×note「絵本コンテスト」
  • 2019年4月:幻冬舎×テレビ東京×note「コミックエッセイ大賞」
  • 2019年8月:「#8月31日の夜に。(毎日新聞出版、NHK「ハートネットTV」編、協力:note)」出版
  • 2019年9月:「左ききのエレン(かっぴー・著)」がドラマ化決定

クリエイターを支援するパートナーの拡大

note のクリエイターが活躍する場を広げる「noteクリエイター支援プログラム」のパートナーは2018年の33メディアから、53メディアへ拡大。新たにたくさんのパートナーシップを開始しています。

企業のオウンドメディアの企画・編集をサポートする「編集パートナー」を2019年6月にたちあげ、現在16パートナーとご一緒しています。ベンチャーキャピタルから支援を受けているスタートアップが1年間無料でnote proを利用できる「note proスタートアップ応援プログラム」では、心強い7社のVCとパートナーを組んでサポートしています。2019年7月にはUUUM、8月にはテレビ東京ホールディングスと資本業務提携を実施しました。

2019年も様々な「カイゼン」を実施

作品が届くべき人に届き、楽しんでnoteを書いたり読んだりする体験をしてもらえるように「コンテンツパワー」「発見性」「継続性」の3つに効くカイゼン活動をおこなっています。求人ページやTikTok、さまざまなファイルの埋め込み機能、ソーシャルボタン「noteで書く」の公開などクリエイターごとの表示カスタマイズ機能やnoteの利用度に応じたバッジ機能も搭載しています。

CXO・CEOのコメント

■CXO:深津貴之氏

MAU2000万はたんなる通過点にすぎず、私達は数字そのものを重要視はしていません。noteが重要視することは、健全な創作コミュニティの拡大です。サービスが巨大化するということは、よりしっかりと世界観を守らなければいけないということでもあります。巨大でありながら、健全で平和でもある、スケールと世界観が両立できるよう引き続き頑張っていきます。

■CEO:加藤貞顕氏

区切りとなる数値が達成できたことをうれしく思っています。多くの方に使っていただいたこと、また強力なチームに恵まれたことで、現在のnoteがあると思います。5年前のサービス開始時に「あらゆる分野のクリエイターの、いちばん基本的な活動の場所となることを目指す」とnoteに書きました。この目標のために、今年は多数のカイゼンと仲間を増やすための提携を積極的に行ってきました。今後もクリエイターの未来のために、チーム一同、一丸となってやっていきたいと思います。

株式会社ピースオブケイク 概要
所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階
設立日:2011年12月8日
代表取締役CEO:加藤貞顕

※株式会社ピースオブケイクは、MIを運営する株式会社イードの投資先です。