メディア運営支援のINCLUSIVEが上場承認、想定時価総額は約54億円

メディア運営支援などを手掛けるINCLUSIVE株式会社(インクルーシブ)が東証マザーズの上場承認を受けました。上場は12月20日。想定株価2290円から算出した上場時時価総額は約54億円。公募で約4.15億円を調達します(一の部有価証券届出書)。

同社は2007年にターゲッティング株式会社として設立。メディア企業や事業会社のメディアの制作や収益化、運用などを支援する「メディアマネジメントサービス」が主力。加えて自社のアドネットワークやSSP運用などを手掛ける「広告運用サービス」、プロモーション企画立案と実行支援や戦略PRを提供する「プロモーション企画・PRサービス」、開発業務の「エンジニアリングサービス」があります。全てデジタルコミュニケーション事業の単一セグメントです。

「メディアマネジメントサービス」では9月時点で24社、35のインターネットサービスの運営・支援を行っていて、雑誌・出版社のみならずテレビ局や事業会社など多岐に渡るとのこと。運営数や1メディアあたりの売上も順調に伸びています。

2019年3月期の売上は16億6918万円、経常利益は3億0767万円でした。また、子会社で「広告運用サービス」を営むData Tailorが大きく、売上高7億5317万円、経常利益1億1622万円を占めているとのこと。

進行期の2020年3月期の第2四半期は、売上高7億6957万円に対して、経常利益1億7635万円となっています。季節要因を加味しない場合、売上高は前期に対してビハインドですが、利益面では向上しています。

株主は創業者で代表の藤田誠氏が70.8%を保有。取締役でもある中嶋淳氏のアーキタイプが9.7%、博報堂グループのDACが4.36%、カヤックが2.82%(柳澤氏も取締役を務める)、トヨタ系の広告代理店のデルフィスが0.87%を所有しています。残りは取締役や従業員です。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,425フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事