グリー株式会社の100%子会社のGlossom株式会社は、株式会社オプトと協業し、データ活用によるデジタルメディアの価値向上支援を強化していくと発表しました。

Glossomとオプトは、デジタルメディアが持つPVやUUといった数値だけではなく、コンテンツがユーザーに与える影響やユーザー属性/行動特性などのメディア独自の価値向上を、「QUANT」及び「TRIVER」を用いて支援してきました。

「QUANT」を持つGlossomはメディア全体の読了傾向をもとにしたタイアップ広告やライター評価を強みにしています。一方で、「TRIVER」を持つオプトは、メディア全体の読了傾向とアンケート回答を組み合わせた読者理解に強みを持っています。

今後は、両社は双方の技術と知見を連携させ、読了傾向から得られるマーケティング効果の可視化を深めるとのことです。