UUUM株式会社が14日に発表した2020年5月期 第2四半期の連結業績(2019年6月1日~2019年11月30日)は、売上高109億1900万円(前年同期比24.8%)、営業利益7億7300万円(7.3%)、経常利益7億7000万円(6.4%)、親会社株主に帰属する四半期純利益4億5900万円(1.8%)となりました(決算短信)。

当社グループでは、新たなクリエイタ-の獲得や育成、クリエイタ-を活用したプロモ-ションビジネ スの拡大など、事業基盤の強化に努めるとともに、チャンネル運営、イベント、グッズといった新規事業の更なる 拡大にも注力してまいりました。 こうした取り組みに加え、動画広告市場が拡大したことに伴うアドセンス収益や広告収益が増加し、所属クリエ イターのグッズ販売が好調でした。

今期の通期業績予想は、売上高260億円(前年同期比31.8%)、営業利益14億円(12.2%)、経常利益13億9000万円(11.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益8億8000万円(▲1.0%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました