株式会社インティメート・マージャーと株式会社ベクトルは、個人データ保護分野における事業を展開する新会社設立について基本合意書を締結したと発表しました。

昨今、インターネット上では膨大な個人データがやり取りされており、AIやビッグデータなどを駆使したビジネスやサービスが拡大する中、個人データの取り扱い方法が問題視されてきました。

「GDPR(EU一般データ保護規則)」「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」など、海外では一早く法整備が進んでおり、日本でもCookieの取り扱いに関する規制強化が議論されています。

新会社ではDMP専業最大大手であるインティメート・マージャーのデータ活用における技術力と知見、総合PR会社ベクトルグループのコミュニケーションコンサルティング力を組み合わせ、プライバシーテック時代に対応できるサービスを開発・提供をしていく予定です。