fbpx

インティメート・マージャーとベクトルが新会社設立に基本合意

株式会社インティメート・マージャーと株式会社ベクトルは、個人データ保護分野における事業を展開する新会社設立について基本合意書を締結したと発表しました。

昨今、インターネット上では膨大な個人データがやり取りされており、AIやビッグデータなどを駆使したビジネスやサービスが拡大する中、個人データの取り扱い方法が問題視されてきました。

「GDPR(EU一般データ保護規則)」「CCPA(カリフォルニア州消費者プライバシー法)」など、海外では一早く法整備が進んでおり、日本でもCookieの取り扱いに関する規制強化が議論されています。

新会社ではDMP専業最大大手であるインティメート・マージャーのデータ活用における技術力と知見、総合PR会社ベクトルグループのコミュニケーションコンサルティング力を組み合わせ、プライバシーテック時代に対応できるサービスを開発・提供をしていく予定です。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ローカル情報を重視するFlipboard、1000以上の都市をカバー

ニュースアプリのFlipboardは昨年10月か...

【東映】意志ある人にチャンスあり。エンタメが好きな気持ちを信じ、仕事に・・・メディア就活最前線 #6

東映株式会社は、創立以来3千本以上の映画作品、2万タイトル以上のテレビ作品を世に送り出してきたほか、「総合コンテンツ企業」として現在は14の事業領域を積極的に展開しています。新型コロナウイルスの影響下でもコンテンツの新しい届け方に挑戦しています。

お知らせ

関連記事