グリー株式会社が3日に発表した2020年6月期 第2四半期の連結業績(2019年7月1日~2019年12月31日)は、売上高322億3500万円(前年同期比▲10.2%)、営業利益19億9100万円(▲22.8%)、経常利益31億2400万円(5.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益35億3600万円(58.0%)となりました(決算短信)。

同社では主力とするゲーム・エンタメ領域において、既存のスマートフォン向けアプリゲームの長期運営体制による収益安定化及び海外展開による収益力向上に取り組むと同時に、新規アプリゲームの開発に注力。

期中には新規アプリゲーム1本のグローバルリリース及び既存アプリゲーム1本の展開エリア拡大を実施。また、当第2四半期連結累計期間において、当社出資ファンドが保有株式を売却したことによる投資事業組合運用益971百万円及び当社保有株式を一部売却したことによる投資有価証券売却益2,529百万円を計上しています。

※本記事は決算AIによって生成されました