グーグル、「Google Podcasts」のiOSアプリを提供開始・・・日本でも音声コンテンツの普及に期待がかかる

グーグルが、「Google Podcasts」のアプリをはじめてiOSで配信開始しました。日本でもApp Storeで無料でダウンロードできるようになっています。ウェブ版もリッチになり検索機能などが提供開始されています。

グーグルは昨年から検索結果画面にポッドキャストのコンテンツを掲載し始め、昨秋から日本国内向けの検索結果でも「キーワード+ポッドキャスト」のような検索で一部掲載が確認されていました。

podcastsapp.jpg
この画像は英語版だが、日本語化されたアプリが提供されている

「Google Podcasts」のアプリは「ホーム」「探す」「アクティビティ」という3つのタブで構成されていて、日本を含む世界で配信されているポッドキャストを探す視聴することができます。Googleアカウントを通じて視聴履歴や再生箇所が同期されるため、検索結果で見つけた好みの作品を、アプリで続きから聴くというような使い方もできます。

視聴を重ねていると好みを分析してオススメを表示するような機能も搭載されているとのこと。

今週中にはAndroidでも配信を予定しています。先日の調査結果では米国では1億人が毎週ポッドキャストを聴いているというニュースもありました。国内でも音声コンテンツへの期待が高まっていて、グーグルの積極的な取り組みはこれを加速させることに繋がりそうです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,430フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事