fbpx

UUUM、吉本興業と業務提携し約800のタレントYouTubeチャンネルを移管

UUUM株式会社は、吉本興業株式会社と業務提携契約を締結したと発表しました。また、吉本興業が運営するMCN(マルチチャンネルネットワーク)の運営権の一部譲受と業務提携を通じて、吉本興業が専属マネジメント契約を結ぶタレントのYouTubeチャンネル(約800チャンネル)をUUUMのネットワークに移管するということです。

従来マスメディアで活躍してきたタレントがYouTubeチャンネルを開設するケースが増えている一方、YouTubeクリエイターがマスメディアに出演する機会も増えています。それぞれ両社が持つ強みを活かし協業することでお互いのタレントやクリエイターの価値向上に繋げたいとしています。今後はMCNだけでなく今後は幅広く協業を目指したいとのこと。

業務提携では、移管される800チャンネルのアドセンス収益やタイアップ収益がUUUMに入る一方、吉本興業に対してはレベニューシェアが行われるとのこと。軽微基準に該当することから詳細な取引条件は開示されていませんが、のれん償却も発生するとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

大人気のClubhouse、いま何が起きているのか?

新たなSNSが誕生し、今注目を集めています。まだ誕生から1年未満であるにも関わらず、すでに10億米ドルに値すると評価され、ベンチャーキャピタリストが投資に奔走しています。

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事