fbpx

App Annieがアドテク参入・・・広告データを一元管理できる「App Annie Ascend」の提供開始

App Annie Japan株式会社はデータ管理プラットフォーム「App Annie Ascend」の提供を開始します。

これはアドテクノロジー領域における複数ツールやサービスを一元化して広告出稿、広告収益、ユーザー獲得のパフォーマンスデータといった各データを統合分析が可能なプラットフォームです。

アドテクノロジー分野におけるデータ分析の現状とは

アプリマーケティングにおいて各広告プラットフォームのデータ収集・分析の必要性は高まっており、様々なアドテクノロジー分野のソリューションやツールを使用して広告運用の最適化を図っています。一方で、昨今のツールの多様化に加え、新しいマネタイズ手法やターゲティング方法、アトリビューションモデル、データプライバシーの更新・変更といった、変動の激しい広告パートナーエコシステムにより、データ分析の領域は一層複雑化しています。

そのため、企業はスプレッドシートなどを活用してアドテクノロジーにおける複数ツールの管理や異なるツールの指標を組み合わせた分析を自前で行っていることが多く、データの正規化やトラブルシューティングに必要以上の時間やリソースを費やしてしまっているケースが多く見られます。また、データ管理ツールを内製化する場合においても、開発やメンテナンスにかかるリソース、コストの面でハードルが高いのが現状となっています。

「App Annie Ascend」によってもたらされる変化

「App Annie Ascend」は、企業ですでに使用している既存のアドテクノロジー分析ツールを一つのプラットフォームで一元化します。ツールごとに異なるデータの収集や集計、多くの時間を費やしてきた正規化作業を自動で行い、管理画面の中で選択した複数のデータ指標を自由に組み合わせて独自のレポートを作成することも可能です。

また、「App Annie Ascend」はROAS(広告費回収率)、LTV(顧客生涯価値)、CAC(顧客獲得単価)など、事業計画や経営判断で重要な判断指標を迅速かつ正確に分析します。複数のツールのデータ集約や管理を自動化することで、経営レベルで適切な意思決定、投資判断を下すことをサポートします。

さらに「App Annie Intelligence」と連携することで、両サービスの往来がワンクリックで可能となり、モバイルの市場データや競合データをもとにしたベンチマークやKPIの設計から、広告データ分析によるアクションの設計まであらゆるシーンにおいてファクトに基づいた最適な意思決定も実現します。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

関連記事