電通とトヨタ自動車、新会社を発足…トヨタ自動車のビジネスモデルを変革を目指す

株式会社電通は、トヨタ自動車株式会社とともに、マーケティング変革とモビリティビジネス創造を目的とした新会社を発足することを発表しました。

2021年1月に株式会社電通グループとトヨタ自動車が発足させる予定の新体制では、トヨタ自動車とトヨタ自動車の子会社である株式会社デルフィスとともに、スピーディーにトヨタ自動車のビジネスモデルの変革を推進します。

新体制では、自動車業界のマーケティングに特化し、販売店を中心としたリテール領域にも強みのあるデルフィスと、電通との知見・ノウハウの融合を図り、トヨタ自動車が掲げる「ユーザーから最も信頼されるブランドづくりに向けた新たなコミュニケーションの革新」、「時代の変化を先取りした新たなマーケティングへの変革」、「モビリティ社会でのビジネスへのチャレンジ」を追求します。

電通とトヨタ自動車は、従来の手法にとらわれずに互いが持つ領域を超えて情報を正確に把握し、新しいビジネスを展開して、世の中にそれを提案していくことを目指します。事業成長パートナーとして新体制に参画する電通は、顧客企業のマーケティングとビジネス変革を推進します。

新体制発足の概要

2つの事業会社と、それを統括する持株会社による新体制を発足し、各国の競争法当局の承認等を取得した後、電通グループがデルフィスに出資。2021年1月に発足予定の新体制に向け、準備を進めていきます。

デルフィスの事業を基盤にした1つ目の事業会社では、ユーザーから最も信頼されるブランドづくりに向けた新たなコミュニケーションの革新、時代の変化を先取りした新たなマーケティングへの変革、モビリティ社会でのビジネスへのチャレンジを行う予定です。

デジタルコミュニケーション分野の研究機関となる2つ目の事業会社は、リテール領域のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進により、新たな仕組みとビジネスの創造に取り組みます。

持株会社(HD社)では、2つの事業会社を統括。マーケティング領域の変革に関する戦略的意思決定をします。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,436フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger