Google Discoverにもウェブストーリーが表示されるように…参加を表明したパブリッシャーも

2020年10月6日、Google Discoverにウェブストーリー(以前はAMPストーリーと呼ばれていた)の表示を追加したとグーグルが発表しました。

Google Discoverは、スマートフォンで検索履歴などを参考に、ユーザーが興味関心があり関連性の高いコンテンツを表示する機能のことを言います。今回新たにカルーセル形式で表示されるウェブストーリーもコンテンツの一つとして表示されるようになりました。この機能はまずアメリカ、インド、ブラジルで実装したとのこと。

Web Stories carousel

ストーリーを閲覧するには、上部に表示されるストーリーの一覧をタップすることで、フルスクリーンのコンテンツが表示、スワイプで次のストーリーに移動します。

また、ストーリーのマネタイズやシェア、リンクの追加などあらゆる管理権限はパブリッシャーやクリエイターなどの作者が保有するものとのことです。

ストーリーの作成は、個人のクリエイター・出版社などだれでも可能。すでに2,000以上のウェブサイトがストーリーを発信していると、同社のブログでは発表されています。

パブリッシャーとのパートナーシップでウェブストーリーの普及を推進していく模様で、動画メディア運営のグループ・ナイン・メディアはアルファ・ローンチ・パートナーに選ばれたと発表。同社が保有する5つのブランド(NowThis、The Dodo、POPSUGAR、Thrillist、Seeker)でウェブストーリーを積極的に配信していくとしています。既に200を超えるウェブストーリーを制作、高いエンゲージメントが得られている事が分かっているそうです。

まだ日本ではGoogle Discoverは表示されないようですが通常のグーグル検索などでは確認できます。ウェブストーリーの制作方法はこちらから。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

広告付き動画配信が生み出す巨大市場【Media Innovation Newsletter】8/15号

動画配信各社が、広告付きのプランを相次いで発表しています。ウォルト・ディズニーは「Disney+」の広告が入ったバージョンである「Disney+ Basic」を12月8日から米国で提供開始すると発表。ただし、価格は7.99ドルで、現行の「Disney+」と変わりませんが、現行版が10.99ドルに値上げされ「Disney+ Premium」となります。広告付き版でも全てのコンテンツが利用できるということです。

マイネット、ティーアンドエスからバスケットボールメディア事業を譲受

株式会社マイネットは、株式会社ティーアンドエスが...

クックパッドの第2四半期、レシピ広告が減少し減収・・・大きな赤字が続く

クックパッド株式会社が12日に発表した2022年...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事