fbpx

GMOメディアの3Q業績、広告が不調で苦戦が続く

会員限定記事

アバター
iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

GMOメディア株式会社が6日に発表した2020年12月期 第3四半期の連結業績(2020年1月1日~2020年9月30日)は、売上高34億4300万円(前年同期比―)、営業利益▲1億9700万円(―)、経常利益▲1億9500万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲1億8000万円(―)となりました(決算短信)。

メディア事業では、新型コロナウイルス感染症の影響により、リアルな人の移動を伴う事業の弱含みとアフィリエイト広告不調の影響が生じております。また、「コエテコ」への継続的な投資に加えて、「キレイパス」についてもプロモーションのための投資を行いました。この結果、当第3四半期連結累計期間におけるメディア事業の売上高は2,620百万円、営業損失は193百万円となりました。

その他メディア支援事業では、新型コロナウイルス感染症の影響により、一部業種の広告主による広告出稿控えが生じました。その結果、当第3四半期連結累計期間におけるその他メディア支援事業の売上高は823百万円、営業損失は4百万円となりました。

今期の通期業績予想は、売上高57億円(前年同期比―)、営業利益▲6億円(―)、経常利益▲6億円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲6億円(―)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました

関連記事

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,124フォロワーフォロー

最新ニュース

フジ・メディア・ホールディングス、連結子会社のディノス・セシールをニフティに譲渡

株式会社フジ・メディア・ホールディングスが、連結...

ハフポスト、ブラジルとインド版を閉鎖

アメリカ発のリベラル系オンラインメディアであるハ...

初めてのオンライン開催となったCEATECで何が起きたか?【バーチャルイベントの内幕】

2019年に20周年を迎えたCEATECは、世界最先端の技術・製品・サービスが一堂に会するIT技術とエレクトロニクスの国際展示会で、毎年10月に千葉・幕張メッセで開催されてきました。当初はデジタル家電をメインの展示としてきましたが、2017年からCPS (※)/IoTが中心の総合展に変化してきました。

お知らせ

メディア業界求人

編集【総合自動車ニュースメディア】※アルバイト

仕事内容 総合自動車ニュースメディア「レスポ...

Web広告営業(プロデューサー候補)

仕事内容 まずは当社が運営する各メディアのビ...