「Business Insider Japan」が新体制に移行…編集長に伊藤有、ブランドディレクター高阪のぞみ

株式会社メディアジーンが運営するビジネスニュースメディア「Business Insider Japan」は、新体制に2021年1月より移行することを発表しました。

編集長は伊藤有氏、ブランドディレクターには高阪のぞみが氏が就任。日本版創刊以来、統括編集長を務めてきた浜田敬子氏は退任してエグゼクティブ・アドバイザーに就任し、さまざまな形で編集部をサポートしていきます。

編集長の伊藤氏は、これまでに引き続きニュースをはじめとした編集部全体の運営を担当。ブランドディレクターの高阪氏は、イベント、メディア事業を担当します。

新体制

編集長 伊藤有氏

2000年代初頭から大手IT出版社の雑誌、PC/IT週刊誌でBtoCテクノロジー全般を主戦場に活動。編集長代理を務めた後、Business Insider Japan副編集長/テクノロジー統括を務めました。近年はAI/ディープラーニングの産業利用の現状と発展に興味持ち、取材を続けています。

ブランドディレクター 高阪のぞみ氏

東京大学文学部卒業後、プライスウォーターハウスクーパース コンサルタント(現・日本IBM)入社。コンサルタントとして従事の後、プレジデント社に入社し、複数誌の編集に携わりました。Business Insider Japanには、2018年より参画。毎年1月開催のアワードイベント「BEYOND MILLENNIALS」の企画・運営リーダーを務めています。

今後、新体制のもと、ニュースと事業の連携を取りながら、良いコンテンツ、イベント等を届けていきます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,431フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事