fbpx

大日本印刷、ゴルフダイジェストと協業してAIが読者の好みを診断し最適記事を提供する「Myゴルフダイジェスト」を提供開始

大日本印刷株式会社(DNP)は、読者が登録した悩みや好みなどに対し会員のパーソナルデータも勘案しながらマッチングエンジンが「診断」を行い、会員一人ひとりに最適な記事を抽出し提供するサービスを開発しました。雑誌・書籍の読者への提供価値の拡大に向け、デジタルメディアを軸としたビジネスモデル構築の支援サービスを出版社などに提供しており、今回、このサービスの第一弾として、ゴルフ専門出版社の株式会社ゴルフダイジェスト社と協業し、ゴルファーの悩みや好みにあった最適な情報を提供する会員制サービス「Myゴルフダイジェスト」を立ち上げ、2021年1月13日に無料版の提供を始めました。

「Myゴルフダイジェスト」のサービスイメージ

雑誌の発行部数の減少が続く中、出版社はデジタルメディアを活かした価値を提供する取り組みに力を入れており、その一環として出版社が自社コンテンツをWeb記事として提供する月額課金制(サブスクリプション)の会員サービスが拡大していますが、自社コンテンツの特長をアピールして他社コンテンツとの差別化を図っていく必要があったといいます。この課題に対しDNPは、会員となる読者が登録した悩みや好みのデータを基に、マッチングエンジンが多くの記事の中から最適な記事を抽出して提供する会員制サービスを開発しました。

ゴルフダイジェスト社はデジタルメディア施策として「みんなのゴルフダイジェスト」「ゴルフへ行こうWEB」とYouTubeチャンネル等を展開していますが、付加価値面でどのように差別化を図るかが課題となっていたことから、DNPとゴルフダイジェスト社が協業を進め、ゴルファー一人ひとりに最適な情報をピックアップして提供する新たな会員制サービス「Myゴルフダイジェスト」を展開します。

「Myゴルフダイジェスト」利用者は会員登録時に、年齢・性別・身長・ゴルフ歴・プレイスタイル等の情報を入力するほか、約100項目の中から選択したゴルフに関する悩みを診断し、診断結果を基にマッチングエンジンが読者に最適な記事を抽出します。また、ゴルフをより楽しくプレーするため、「道具(ギア)」「うまくプレーする技術(テクニック)「どこで、誰と、いつラウンドするか(プレー)」の3種に分類したコンテンツを提供し、会員は、ゴルフに関する自分の悩みや好みに合った情報だけを快適に閲覧することができます。他に、コンテンツの閲覧履歴に基づいて、最適なコンテンツを表示するレコメンド機能も用意、有料会員は、「週刊ゴルフダイジェスト」「月刊ゴルフダイジェスト」や同社発行の一部書籍を電子版で読むことが出来ます。2021年1月13日に無料で利用できる体験版のサービスを開始し、コンテンツを拡張して4月に有料サービスを本格的に開始する予定で、会員費は月額720円(税抜)です。

大日本印刷株式会社はマイページ機能の開発とパーソナライズ対応の運用を、株式会社ゴルフダイジェスト社はコンテンツ及びWebサイトの制作をそれぞれ担当し、提供する記事はDNPが独自開発したシステムにより、雑誌記事からWeb記事に変換し配信します。

「お悩み相談」画面サンプル

DNPとゴルフダイジェスト社は、30~50代の熱心なゴルファー層をターゲットに「Myゴルフダイジェスト」を展開し、会員同士のコミュニケーション機能や動画コンテンツなど、サービス内容を拡張しながら会員の満足度向上に努め、会員数拡大を目指します。

またDNPは、多くの出版社とともに、出版コンテンツを継続的・多角的に活用していく「コンテンツ・ライフサイクル・マネジメント(CLM)」を推進し、パーソナルデータに基づく最適な記事提供を可能にするサービスについても、オートバイやキャンプ、サーフィンなどのアクティブな趣味のジャンルに展開していく予定で、会員制サービス関連で、5年後に20億円の売上を目指すとしています。

※19日16:00 ゴルフダイジェストとGDOは別会社となります。お詫びして訂正いたします

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事