AnyMind Group、SSUGグループのENGAWAを完全子会社化…日本企業の海外進出をサポート

AnyMind Group株式会社は、株式会社サニーサイドアップグループ(SSUG)の子会社であり、クロスボーダーマーケティングを主事業とするENGAWA株式会社の株式を100%取得し、完全子会社化すると発表しました。

同社グループは、SSUGグループとインフルエンサーマーケティングとクリエイターサポートに特化した株式会社AnyUpを共同出資で設立しており、重要なパートナーとして連携を続けている繋がりからENGAWAと接点を持ち、案件ベースで取引を重ねてきました。

中華圏や東南アジアなどでのインフルエンサーマーケティングや越境ECも含めた物販領域、ENGAWAの持つ英字メディア「Tokyo Weekender」を活用したヨーロッパ・北米・オーストラリアへの情報発信などでのやりとりの中、同社展開事業との親和性が非常に高いENGAWAの株式を100%獲得し、子会社化することを決議しました。

また子会社化に伴い、ENGAWA代表取締役社長の牛山隆信氏が日本支社であるAnyMind Japan株式会社の取締役に就任する予定です。

同社は今後、日本市場でのインバウンド・アウトバウンド向けマーケティングの展開強化、注力事業のものづくりやD2C関連ビジネスにおけるクロスボーダーでの経済圏拡大をさらに推進していくとしています。

ENGAWAの子会社化によるシナジー

両社の外国人インフルエンサーネットワーク、テクノロジー・プロダクトの強みを生かし、インバウンド、アウトバウンドプロモーション機能を強化します。また、日本全国700社以上のメーカー・生産者とのリレーション、支援実績を持つENGAWAと、同社が持つ海外ネットワーク・販売・マーケティング機能を活用することで、日本企業・自治体・製品の海外進出をサポートするとしています。

さらに、ENGAWAの牛山氏がAnyMind Japanの取締役に就任し、日本支社の経営陣として参画することにより、日本事業と組織を強化します。こうした強みを基盤として、D2C支援をはじめとしたものづくり、ECなどの物販、物流機能との掛け合わせによるアップセル・クロスセルを目指します。

牛山氏は「AnyMind Groupの優れたテクノロジー・プロダクトをENGAWAの強みとするマーケティングノウハウとともに自治体/地域のクライアントへ提供することで日本と地域の新しいビジネスインフラの創出を実現してまいります。」とコメントしています

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,397フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事