fbpx

KADOKAWA、ソニーとサイバーエージェントから100億円を調達・・・ゲーム事業で協業強化

株式会社KADOKAWAは、ソニー株式会社と株式会社サイバーエージェントに対して第三者割当増資を実施し、合計約100億円を調達すると発表しました。3日の終値である3515円でそれぞれ142万2475株を割り当て、両社は1.93%を保有する第9位株主となります。

KADOKAWAは書籍、映画、アニメ、ゲーム、UGCプラットフォームなどポートフォリオから継続的にIP(Intellectual Property)を生み出して、それを世界に広く展開することを中核とした「グローバルメディアミックス」を基本戦略としてきました。同社は書籍やアニメで特に強みを持ちますが、世界市場で更に重要性を増しているゲーム分野におけるIPの開発・展開力の強化を最重要課題として認識、両社との協業で推進していく考えです。

なお、KADOKAWAとソニー及びサイバーエージェントは既に協業関係にありますが、資本関係に踏み込む事で、更に強化したいとしています。ソニーは家庭用ゲーム機の「プレイステーション」や傘下のアニプレックスが『FGO』で大ヒットを飛ばすなどゲーム事業に強みを有します。またサイバーエージェントもスマホゲームを主に展開するCygaemsが国内有数のパブリッシャーとなっています。

100億円の具体的な使途としては (1)新規IPの創出・開発・取得(2)既存IP活用の最大化 の2点を挙げ、2023年3月までにそれぞれ50億円を支出する計画。

(1)では権利獲得やコンテンツホルダーへの出資・買収に充てるとしています。製作委員会への出資による権利獲得のほか、出版社・アニメ制作会社・ゲーム会社など海外も含めた会社買収も想定しているとのこと。1億円未満~10億円を超える規模まで想定しているとして、2社との共同での取り組みの可能性もあるとしています。

(2)では年間5000点を刊行している書籍発祥のIPをコミック、アニメ、映画、ゲームなどに展開している従来の手法だけでなく、アニメやゲームを起源に持つIPを多面的に展開していくことも想定しているとのこと。グローバル展開では英語圏、中国語圏など言語人口の多い地域を主要なターゲットとして地理的に広げていく事を考えているとのこと。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ワシントン・ポストはなぜ復活できたのか、伝説の編集長の引退【Media Innovation Newsletter】3/7号

今やデジタルのサブスクリプションで300万人の会員を抱え、ニューヨーク・タイムズに次ぐ成功例と目されているワシントン・ポスト。しかし2000年代以降かつての輝きは失われ、数度の希望退職も募られました。

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事