fbpx

有料動画サービス、女性・若年層の利用者が増加・・・動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポート

視聴行動分析サービスを提供するニールセンデジタル株式会社が、動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2021(Nielsen Video Contents & Ads Report 2021)」を実施し、その結果を発表しました。調査対象は、各種デバイスを通して月1回以上インターネットを利用している日本全国の15才(高校生)以上の男女、約3,000人です。

有料動画サービスの利用率が2020年の30%から36%へ増加

同レポートによれば、インターネット利用者における有料動画サービスの利用率が、2020年の30%から36%に増加。この成長率の伸長は、直近3年間で最大でした。要因としては、2020年にDisney+やNHKプラスといった話題の新サービスが開始されたほか、有料動画サービスの利用状況が大きく変化したためと考えられます。

女性及び若年層の利用者が増加

主要動画サービスを直近1年以内に利用し始めた人と、1年以上前から利用している人を比較したところ、性別では、最近利用し始めた人は女性が52%を占める一方で、既存の利用者では女性の割合が46%でした。年代別では、最近利用を始めた人全体では19歳以下の人が増加する一方で、女性では20-49歳の人も増加していることがわかりました。

女性の幅広い年代で利用者が増加しているのは、利用を開始した理由として「話題になっているから」という回答が多いことから、動画サービスの様々なコンテンツがメディアで話題に上がったことが理由と考えられます。また、緊急事態宣言の発令により外出を控えるようになったため、新たに生まれた時間を自宅で楽しむために利用するようになった可能性も考えられます。

職業別では、最近利用し始めた人では学生の割合が増加。COVID-19の影響で、自宅でのオンライン授業が増加し、通学時間の代わりに生じた新たな時間を動画サービスの利用に充てていたことが要因と考えられるとのことです。

韓流ドラマやアニメ・国内ドラマも人気

視聴ジャンルでは、主要動画サービスを1年以上前から利用している人では、洋画や邦画のジャンルを好む映画好きが増加する一方で、直近1年以内に利用し始めた人では洋画や邦画に加え、アニメ、国内ドラマのジャンルも同程度に視聴していることが明らかになりました。また、多くのメディアで話題になった韓流ドラマの視聴も増えています。このことから、既存の利用者が特定のジャンルに対して強い関心を持っていた一方で、最近利用し始めた人は、動画サービスの様々なコンテンツがメディアで話題に上がったことをきっかけに動画サービスを利用し始めた人が多かったと考えられるとしています。

こうした有料動画サービスの利用者間の差異について同社のシニアアナリスト宗像直樹氏は、「このような利用者間の差異を把握することは、コンテンツ開発のヒントとなります。また視聴ジャンルをはじめとした利用者の視聴状況は、自社サービスと競合サービスでは異なっている可能性があったり、時間が経つにつれて変化していったりする可能性があります」と分析しています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

オフィス復帰かリモート継続か、悩むメディア経営者【Media Innovation Newsletter】5/9号

「私達の労働を評価しないことは、大きなリスクがあると理解してもらたいと考えています。CEOのキャリー・メリルが公に、私達の生活を脅かした事に強く失望しています。抗議のため、私達は今日の記事公開を取り止めます」

ツイッター、「世界報道自由デー」でローカルジャーナリズムを支援するキャンペーン

5月3日は、「一般市民が報道から正しい権利を得る...

ミクシィの通期業績、『モンスト』などエンタメ好調で大幅な増収増益

株式会社ミクシィが7日に発表した2021年3月期...

お知らせ

関連記事