ワシントン・ポスト、サリー・バスビー氏が編集主幹に就任・・・編集部門のトップに女性が就くのは初

米有力紙、ワシントン・ポストは、6月1日付でサリー・バスビー氏(55)が編集主幹に就任することを発表しました。設立から140年以上の歴史の中で、初めて女性が編集部門のトップを担うことになります。

バスビー氏は、1988年にAP通信に入社し、アメリカ政治や中東の情勢などの取材を通して30年以上のキャリアを積み重ねてきた女性ジャーナリストです。

ワシントン・ポストのCEOで発行人であるフレッド・レイン氏は「サリー・バズビーは国際的なニュース組織で数々の実績と豊富な経験を持ちます。アメリカで最高のジャーナリストを探す中で、サリーこそがワシントン・ポストを次の時代に導く最適な人物だと確信しました。彼女は誠実で、精力的で、民主主義を守るジャーナリズムへの献身的な仕事ができます」と述べています。

米国内では、長年にわたってジェンダーや人種の多様性が叫ばれ、ジャーナリスト全体の多様性は高まりつつあった一方で、その流れが上層部やリーダー層には十分に浸透していなかった状態がありました。しかしながら、近年、ロサンゼルス・タイムズ紙編集長に黒人のケビン・メリダ氏が、ニューヨーク・タイムズ紙編集長には同じく黒人のディーン・バケ氏が就任するなど、変化の兆しが見えます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,403フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

【特集】データで見るNFTの現在地、10のチャートで知るトレンド

ブロックチェーンで唯一性が担保された資産であるN...

再び批判を受けるフェイスブック、コンテンツ判断の基準とは?【Media Innovation Newsletter】9/27号

四半期ごとにコンテンツの適切な取り扱いができているかを報告する透明性レポートを発表しているフェイスブックですが、その発表について批判を浴びています。

関連記事