fbpx

サイバーエージェント、SF作家の想像力を用いて未来を構想するコンサルティングサービスの提案・導入支援をスタート

株式会社サイバーエージェントは、企業に向けて、「WIRED」日本版とクリエイティブ集団 PARTYによる「WIRED Sci-Fi(サイファイ)プロトタイピング研究所」が開発・提供するサービスの提案、導入支援を開始します。

「WIRED」日本版と「WIRED Sci-Fi プロトタイピング研究所」が開発・提供するサービスは、SF作家がもつ大胆かつ精緻な想像力を用いて未来を構想するコンサルティングサービスです。サイバーエージェントでは、企業に向けて「WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所」によるプログラムの提案・実装をサポートする組織を新設。研究所と共に、主にクライアント企業に向けた導入提案を実施するとのことです。

また、プログラムを経て予測した未来構想のプロトタイピングに、サイバーエージェントが持つ最先端の3DCG映像・XR技術などクリエイティブテクノロジーやAI技術などを活用し、実装に向けた制作をサポートします。

「SFプロトタイピング」とは、サイエンスフィクションを用いて未来を構想し、それを起点に逆算(バックキャスト)して、いま、これから何をすべきかを考察する手法。SF作家のもつ大胆かつ精緻な想像力を用いて産業や企業の未来を想像することを起点に考える「SFプロトタイピング」は、有効な手法として評価されており、アメリカで専門のコンサルティング会社も登場しているといいます。

サイバーエージェントでは2021年1月より4ヶ月間、インターネット広告事業本部のマネジメント層が「WIRED Sci-Fiプロトタイピング研究所」が提供するプログラムに参加。「ミラーワールド/メタヴァース時代のメディア・広告の未来」をテーマに、約40年後の「メディア」や「広告」のあり方、それらの価値についてSF作家を交えてワークショップを実施し、SF作家によって描かれた物語を起点にあり得る未来を考察し、その未来への変化点を探るという取り組みを行ってきたそうです。

サイバーエージェントでは、企業課題に長期視点で寄り添うプログラムを通して、企業のプロモーションでの課題解決や広告効果の向上と共に、未来の事業構想、開発にも領域を拡張して寄与することを目指すとしています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ニュースよりポッドキャストに支払う意向の若者たち【Media Innovation Newsletter】6/13号

ポッドキャストへの注目が高まるばかりですが、これまで主流だった広告モデルに加えて、有料のユーザー課金モデルも立ち上がっていきそうな気配です。

ハフポスト日本版 新編集長に泉谷由梨子氏が就任

BuzzFeed Japan株式会社が運営する「...

朝日新聞社、7月1日より購読料を改定・・・朝夕刊セット版が4037円から4400円に

株式会社朝日新聞社が、7月1日から本紙の月ぎめ購...

お知らせ

関連記事