ADK MSと運用型テレビCMサービス「ノバセル」が業務提携契約を締結・・・半年で約25件が進行

マーケティング領域の総合ソリューションを提供する株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)と運用型テレビCMサービス「ノバセル」を展開するラクスル株式会社が1日、業務提携契約を締結しました。

ADS MSとノバセルは、2020年12月に業務提携に関して基本合意に達して以降、これまで両社の強みを活かして、マーケティング戦略からメディアプラン、制作、バイイング、効果検証までワンストップのソリューションを提供。12月の提携開始から6ヵ月で問い合わせ数は約120件にのぼり、すでに約25件が進行中といいます。

利用企業の一例

具体的には、ADK MSによる運用型のメディアプランニング・バイイングから、ラクスルのノバセルアナリティクスによる可視化まで、一気通貫での提案が可能に。その結果、ノバセルアナリティクスによって可視化される共通データをもとにクライアントと同じ目線で事業KPIについて議論ができるようになったほか、その事業KPIをADK MSの運用型のメディアプランニング・バイイングで実現に導くというソリューションまで、シームレスに提供可能になったとのことです。

両社の共同ソリューションは運用型テレビCM市場で最大級のシェアが見込まれ、ADK MS、ノバセル、ともにテレビCMの取扱高が前年に比べて大幅に成長しているそうです。

ノバセル事業本部長/ラクスル株式会社取締役CMO田部正樹氏によると、ADK MSとの協業により、運用型テレビCMサービスの磨き込みが加速したことで広告主からの引き合い量、規模が拡大し、「クライアントニーズの広がりを再認識した」と述べています。

また、ADK MS取締役亀井典明氏は今後について、第一に運用型テレビCMサービスに磨きをかけるため、「これまで以上にメディアビジネスの知見、ネットワークと人材を投入する」と述べています。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,391フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

関連記事