マチナカ広告プラットフォーム「OOH MATCH」提供開始・・・首都圏1都3県エリアの10万件の広告枠を掲載

ソフトバンク株式会社の子会社SBイノベンチャー株式会社の「OOHメディアプロジェクト」が、マチナカの広告メディアと広告主のマッチングサービス「OOH MATCH(オーマッチ)」の本格提供を始めました。

 「OOH MATCH」は、マチナカの広告メディア「OOH広告」に特化したプラットフォームで、広告出稿したいエリア名や住所の入力で、看板・ポスター・サイネージなどの集客・PRに最適な広告枠を見つけることが可能です。2021年7月8日現在で、首都圏1都3県エリアに対応し、10万件の広告枠を掲載しています。

サービス提供の背景として、国内のOOH広告市場が複雑な業界構造で、空き枠や価格情報は市場に十分に流通していないことから、「費用感がわからない」「発注方法や料金メニューが複雑」ということを理由に、出稿に高いハードルがありました。また、OOH広告には価格がクローズドの枠もあり、出稿後に「実はもっと安く買えた」となることも少なくないとのことです。

また、OOH広告業界の取引プロセスはいまだ電話やメール、FAXで行われており、営業・商談もオフラインでの対面式がほとんどで、負担が大きいのが現状と指摘。

さらに、コロナ禍において、購買活動の地元化・小商圏化が進んでいると言われており、地元商圏エリアに効果的なプロモーションを行える手段として、OOH広告に注目が集まっています。

「OOH MATCH」は、同社が保有する10万件の広告枠データベースから探すことが可能で、料金シミュレーター機能や、周辺の様子がわかるストリートビュー機能で、条件やイメージに合う広告枠を比較・検討することができます。

また、政府の人口統計データと連動し、「広告検討するエリア居住者の性別や年代」を確認して広告枠を選ぶことができます。今後、更に精緻なエリア分析ができるよう、国勢調査や事業所・企業統計などのリサーチデータにも対応を進めていくといいます。

今後、より便利に広告枠が取引できるよう、人流データ連携機能やオンライン取引機能、媒体社支援機能など、継続的な機能アップデートを予定。現在、東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県エリアを中心としたサービス提供エリアを、2021年度中には大阪・名古屋エリアに、2022年度には全国エリアにサービスを順次展開する予定としています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,431フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事