TikTok、10代向けの安全と、プライバシーへの取り組みを強化・・・より安全で居心地の良いプラットフォームを目指す

世界で人気のショートムービープラットフォームTikTokが、10代の若者の安全と、プライバシーへの取り組みを強化しました。

TikTokは、これまでも活気に満ちた多様なコミュニティ環境を維持すべく、安全で居心地の良いプラットフォームを育成。特に10代の若者の安全を守るため、16歳未満のアカウントをデフォルトの設定で非公開にすること、16歳未満のユーザーにダイレクトメッセージなどの機能を制限すること、保護者が10代のTikTokの設定をペアレンタルコントロール機能で管理できるようにすることなど、様々な取り組みを行ってきたといいます。

今回、TikTokは、10代のユーザーに対する積極的な保護をさらに強化するため、13~17歳のユーザー向けに新たな機能変更を導入することを決定しました。

ダイレクトメッセージはデフォルトで「オフ」に設定、ポップアップ表示も

16歳未満のユーザーに対する制限と同様、16歳から17歳のユーザーがTikTokに参加する際のダイレクトメッセージ(DM)をデフォルトで「オフ」に設定。他の人にメッセージを送るには、ユーザーが自らDMの設定を「オン」に切り替える必要があります。

また、既存のアカウントで初めてDM機能を使用する際、プライバシー設定を確認するよう求めるポップアップ表示もされるといいます。

ビデオの視聴やダウンロードできるユーザーを選択できるように

また、16歳未満のユーザーが初めてビデオを公開する際、ポップアップを追加し、ビデオを視聴できる人を選択するように求めるようになりました。13~15歳のアカウントはデフォルトで「非公開」に設定されており、非公開アカウントは動画の視聴設定の「誰でも」がオフに。フォロワーや友達とコンテンツを共有することを選択することができるようになるとのことです。

ビデオのダウンロードについても、16~17歳のユーザーに対しては、追加のポップアップを表示し、最も快適なオプションを選択できるように促すようになりました。

他にも、ペアレンタルコントロール機能の一環として、アカウント所有者または保護者の双方が有効にできる使用時間制限モードなどの機能により、コミュニティメンバーが健全に利用できるようにサポートしているとのことです。

安全性への取り組みなど、若者や家族をサポートするための取り組みについては、ユーザーガイドをご参照ください。

2,772ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,389フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事