CCCマーケティング、プランニング・出稿・効果検証が一気通貫でできるYouTube広告を販売開始

CCCマーケティング株式会社は、全国の広告主や広告会社に向け、プランニング、出稿、効果検証が一気通貫でできるYouTube広告の販売を開始したことを発表しました。

販売するYouTube広告は、7,000万人を超えるT会員の購買データと、月間利用者6,000万人を超えるYouTubeの視聴データを連携したマーケティングデータをもとにしたものとなります。YouTubeの視聴データと連携したマーケティングデータで、これまでより多角的な視点でのプランニング、出稿、効果検証が一気通貫で叶う「循環型のYouTube広告マーケティング」を実現。CCCマーケティングオリジナルの循環型マーケティングを提供するといいます。

具体的には、オーディエンスターゲティングやコンテンツターゲティングに加え、Tポイントの購買履歴データに紐づく詳細なマーケティングターゲットに対するリーチ効率(CPM)、クリック効率(CPC)、一人当たりFQ(フリクエンシー)、imp単価などのKPIを基に最適な組み合わせ枠を設計し、販売します。

CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと連携することで、クロスメディアのマーケティングプランニングにも対応。Tポイントの購買履歴データを基に、「デジタル広告やYouTube広告接触者が、自社ブランド商品を実際に店舗で購買したかどうか」という購買効果を可視化できるとのことです。

「循環型のYouTube広告マーケティング」の概要

1.出稿プランニング
購買経験者を始め、1歳刻みからの性別年代、その他基本的なデモグラフィック(子持ち、自動車保有、世帯年収等)など広告主目線のセグメント設定ができます。

評価指標は対象となる広告枠に準じ、CMP、vCPM、CPD、CPM、CPV、CPCなど。クロスメディア評価は、CCCマーケティングが展開する各種ソリューションメディアと、セグメントや評価指標で連携することができます。

2.出稿(販売代理)
対象は、YouTube広告(インストリーム広告、Trueviewディスカバリー広告、Trueviewアクション広告、バンパー広告、アウトストリーム広告、マストヘッド広告)です。

3.効果検証
T会員の購買トランザクションとYouTubeの視聴データが連携された大規模なデータを使用し、マーケティングターゲットのYouTube動画広告放映後の購買行動を検証します。その他、さまざまな要望に沿ったメニューも提供可能です。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,394フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

エスビージャパン、観光業界の活力向上を目指したWEB開発受託事業をスタート

観光業や地域ブランディングに特化した企画、情報発...

自分の個人情報に値段を付けるとしたらいくら?・・・米意識調査

SMSを用いたマーケティング手法を展開す...

スマートニュースの巨額調達、米国市場を獲りに行く【Media Innovation Newsletter】9/21号

ニュースアプリ「SmartNews」を運営するスマートニュース株式会社が、シリーズFのラウンドで251億円の資金調達を実施。累計の調達額は443億円、時価総額は2100億円に達しました。巨額の調達は筆者も驚きだったのですが、主戦場として示された米国ではどのような反応だったのでしょうか? 探ってみました。

関連記事