ベライゾンメディア・ジャパン、買収に伴って事業ブランド名を「Boundless」に変更

インターネットメディア事業、広告プラットフォーム事業を展開するベライゾンメディア・ジャパン株式会社は、米国時間2021年9月1日より、事業ブランド名をVerizon Mediaから「Boundless」に変更したことを発表しました。

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは今年5月、傘下のネットメディア事業ベライゾン・メディアを買収ファンドの米アポロ・グローバル・マネジメントに売却することで合意したと発表。買収は9月1日に完了し、米本社は9月より社名を「Yahoo」へ変更して新たなスタートを切っています。

ベライゾンメディア・ジャパンは、ベライゾン・メディアの日本展開ブランドとして、デジタルガジェットの専門メディア「エンガジェット日本版」、スタートアップ&テクノロジーメディアの「TechCrunch Japan」、エンタメ情報サイト「aol.jp」を運営するほか、広告プラットフォーム事業などを展開しています。

これまで日本ではVerizon Mediaとして活動してきましたが、アポロ社による買収に伴い、事業ブランド名を変更。今後は「Boundless」としてさらなるビジネスの可能性を切り拓き、未来のメディア・広告ビジネスの変革に取り組んでいくとのことです。

新事業ブランド名「Boundless」は、「無限」や「国境を越える」といった意味を含み、進化するテクノロジーとデジタル体験によって無限の可能性を広げ、ビジネス領域や国境を越えたグローバルレベルのソリューションを提供することを表した名称です。グローバル視点の新たなビジネス機会の創出やビジネス成長を目指すとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,404フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Z Venture Capital、日本製ヘッドレスCMSを提供するmicroCMSに出資

Zホールディングス株式会社のコーポレートベンチャ...

関連記事