博報堂DYMP・DYアウトドアが「イグニカサイネージサービス」を販売開始・・・AIカメラ活用で効果検証

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂DYアウトドアは、ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社(U.S.M.H)が保有する、リアル店舗のAIデジタルサイネージを活用した広告配信・マーケティングサービス「イグニカ(ignica)サイネージサービス」を幹事代理店として販売開始しました。 U.S.M.Hは、株式会社マルエツ株式会社カスミマックスバリュ関東株式会社、3社の共同持株会社です。

「イグニカ(ignica)サイネージサービス」は、U.S.M.Hの111店舗1042画面設置している店舗サイネージを利用し、新商品のブランディング広告や商品機能の説明動画などが配信できる店内メディアによるダイレクトマーケティングサービスです。商品情報・料理レシピ動画・生活情報などの情報コンテンツを、ネットワーク化された店舗サイネージや「Scan&Go Ignica」などのアプリにも配信提供するほか、AIカメラの活用でコンテンツ視聴効果の分析・可視化を可能とし、効果的な広告配信と効果検証ができるとしています。

博報堂DYアウトドアは、流通系サイネージメディアの販売と開発業務実績を活かし、「イグニカ(ignica)サイネージサービス」の、視聴者の通過人数や視聴人数の実績に合わせた視聴率型サービス料金体系や販促の効果検証を、広告主と広告会社向けに提供します。

また、博報堂DYグループのソリューションやデータを活用することでオンライン、オフライン施策ごとのレスポンスの比較やエリア分析などにより、更に効果の高い施策の展開を検討するとのことです。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,397フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事