メディアドゥとトーハン、世界初・NFTデジタル特典付き出版物の刊行へ・・・扶桑社・主婦の友社の3タイトルで販売

電子書籍取次国内最大手の株式会社メディアドゥと、創立以来紙出版物を担う株式会社トーハンは、ブロックチェーン技術を基盤とするNFT(非代替性トークン)を活用した「NFTデジタル特典付き出版物」を開発し、来月12日より全国の書店を通じて販売に踏み切ることを発表しました。出版物にこのような「NFTデジタル特典」が付与され刊行されるのは、世界初のケースということです。

メディアドゥとトーハンでは、購入した出版物などの特典として入手できる、NFTを活用した資産的価値を持つデジタルコンテンツを総称して、「NFTデジタル特典」と呼んでいます(商標登録出願中)。

ユーザーが「NFTデジタル特典」を入手するには、出版物に添付されたカード上の16桁のギフトコードを自身のデバイスで読み込みます。これによりNFTが直接Webサイト上で発行され、自身が保有していることが証明可能なデジタルコンテンツを取得できます。Webサイトの詳細は10月12日に発表予定とのことです。

両社は、今回の「NFTデジタル特典」を通して、電子と紙の垣根を超えて店頭集客や売り上げ増加を目指すととともに、新たなユーザーを取り込み、出版市場そのものを活性化することを目標としています。

今回の取り組みの第一弾として、扶桑社・主婦の友社の3タイトルに「NFTデジタル特典」を搭載。また、来月12日正午にメディアドゥ主催で「NFTデジタル特典」のサービス関連の説明会を開催するとのことです

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,429フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事