Twitter、全ユーザーを対象にチップ機能「Tips」を提供へ・・・ビットコインの送金にも対応

米ツイッターは現地時間23日、すべてのユーザーを対象にプロフィール画面上のチップ機能「Tips」を提供することを発表しました。初期の段階としてiOSユーザーを対象に提供し、その後数週間中にAndroidユーザーへ対象範囲を拡大させる見込みです。

「Tips」を利用した送金(ツイッターの発表より)

「Tips」はTwitterのプロフィール画面上からクリエイターに対して直接寄付を行える機能です。クリエイターの収益確保に向けた取り組みとして、今年5月から一部のユーザーを対象に試験的な運用を行っていました。なお、テスト時は「Tip Jar」でしたが、今回から「Tips」に名称変更しています。

この機能では、ユーザーがプロフィール画面に設置したTipsアイコンをタップしたのち、決済方法を選んで手続きを行うことで送金可能です。

今回のアップデートにより、これまで実装されていた7種類の決済方法に加え、オンライン資金調達プラットフォーム「GoFundMe」とブラジルのモバイル決済プラットフォーム「PicPay」が追加されました。テスト時同様、ツイッター社は手数料を徴収しません。

さらに、決済プラットフォーム「Strike」を通してビットコインを送ることも可能となりました。現在、米国(ハワイとニューヨークを除く)とエルサルバドルで利用可能です。

ビットコインの送金(ツイッターの発表より )
2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,433フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger