SNSの世代交代は急速に進んでいる【Media Innovation Newsletter】10/12号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。本日夜、サッカー日本代表の試合がありますね。成績不振で監督解任を求める声もありますが、この大一番で結果を残すことはできるでしょうか・・・。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

10月12日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

メタバース: As content, as a platform, as media (和田洋一 note)

元スクウェア・エニックス社長で、メタップス取締役を務める和田洋一氏による論考です。メディアとコンテンツの関係から始まり、ゲーム業界を中心とした視点から、急激な盛り上がりを見せるメタバースとは何か、どのように発展していくかを考察しています。

ツイッターとフェイスブックは、10代の若者の間で全く人気がない —— 最新調査 (Business Insider)

ソーシャルメディアにとって、若いユーザーの獲得は最重要戦略といえますが、現在のSNSの勢力図が明らかになっています。Twitter、Facebookが好き、と答えたユーザーは調査対象となった米国の10代のうちわずか2%だったとのこと。

アメリカ人とInstagramについての7つの事実 (ピュー・リサーチ・センター 英文)

倒産寸前の英国の雑誌社「フューチャー」を救った女性CEOの凄腕 (Forbes JAPAN)

【コラム】データプライバシーを全世界的に標準化すれば、それは真の意味で人類の進歩となるはずだ (TechCrunch)

中国、民間企業の報道事業禁止案を公表 統制強める (日本経済新聞)

10月12日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

米国ポッドキャストリスナーの約半数がライトユーザーに・・・ホスト読み上げ広告や長時間広告の有効性も【会員限定】

ニールセンの調査によれば、米国のポッドキャスト市場においては月に1~3回した利用しないライトユーザーが約半数を占めているとのこと。このライトユーザーの存在感は特に近年増しており、パブリッシャーや広告主が取るべき戦略にも大きな影響を与えています。

フェイスブック、メタバースプラットフォーム「Horizon」のクリエイター支援に1,000万ドルを投資【会員限定】

「メタバース企業」となることを標榜しているフェイスブックは、自社のメタバースプラットフォーム「Horizon」においてクリエイター支援ファンドを設立。コンペや教育プログラム、デベロッパーへの資金提供を通じてコミュニティを発展させたい考えです。

NewsPicks、スタートアップに特化したメディアサービス「NewsPicksスタートアップ」を提供開始

「ミクチャ」運営のDONUTS、OBCラジオ大阪と資本業務提携…新たな事業を展開し、幅広い世代へリーチ

DXサービスのショーケース、地域新聞社と業務提携契約を締結・・・地域限定サブスクリプション型広告サービスの実証実験を展開

メディアドゥ、世界初となる書店連携のVR電子書籍ビューアシステム「XRマンガ」の提供を開始

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,429フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事