フォーエムの親会社であるAnyMind Group、Google社が主催する「GCPP Summit」において世界54社の中から2社のみに贈られる「The Innovation Award」を受賞

2020年の「DEI Driver Award」受賞に続き、2年連続で表彰

AnyMind Group株式会社(読み:エニーマインドグループ、代表取締役CEO:十河 宏輔、以下「当社」)は、Google社が毎年開催している「GCPP Summit」において、2021年のグローバルにおける「The Innovation Award」を受賞したことをお知らせいたします。

「The Innovation Award」は、厳しい審査の上、Google Certified Publishing Partner(GCPP|サイト運営者向けGoogle認定パートナー)に選ばれた世界54社(※2021年11月時点)を対象としており、その中から年間数社のみが表彰されるアワードです。主な評価基準としては2021年にローンチしたサービス・プロダクトを中心に、パブリッシャーをより良くサポートするための新機能や、エコシステムをより効果的に改善するための新ツール、あるいはマネタイズ以外の革新的なサービスなどを提供したかどうかがポイントとなります。

本年度の「The Innovation Award」では当社の提供するWebメディア・アプリ・ECサイトのための All-in-One プラットフォーム「AnyManager」における、アプリ分析、WebStoriesの構築、SNS分析などの新機能をはじめとする、パブリッシャー向けの機能・サービス提供による新たな価値貢献及び成長支援実績が高く評価され、受賞に至りました。

<Managing Director of Publisher Growth 丸山 仁のコメント>

これまで当社パブリッシャーグロース事業部はWeb PublisherやApp Developerの皆様の収益最大化に向けた様々なソリューションを提供してきましたが、2021年はさらにその提供価値拡大に努め、収益化のみに止まらない新たな機能拡充を進めてまいりました。今後も当社はパートナーの皆様のお力も借りながら、業界におけるゲームチェンジャーとなれるよう進化を続けてまいります。

この度の受賞を喜ばしく思うとともに、これまで当社と共に成長を実現してきた世界中のパブリッシャーの皆様に改めて、感謝申し上げたいと思います。

■GCPP(Google Certified Publishing Partner|サイト運営社向けGoogle認定パートナー)

サイト運営者向けGoogle認定パートナーとは、サイト・アプリ運営者向けのGoogleの認定代理店制度(Google Certified Publishing Partner:通称GCPP)です。認定パートナーは、Googleが持つ様々なパブリッシャー/ディベロッパー向けのプロダクトを総合的かつ戦略的に提案し、長期的な事業成長に努めます。Google AdSense、Google Ad Exchange、Google Analytics、Firebase、AdMob等のGoogleソリューションを提案し、技術サポート、A/Bテストの実施、データ分析、収益の最大化といったサポートを行っています。世界54社がパートナーに認定されており、日本においては当社の他に株式会社 fluct、株式会社アイモバイル、株式会社ジーニーがGCPP認定を受けています。

■『GCPP Summit2021』とは
各国のGCPP(Google Certified Publishing Partner|サイト運営者向けGoogle認定パートナー)が年に一度、一同に会し、Googleからプロダクトアップデートが発表されるとともに、GoogleとGCPP各社間でWebメディアやアプリなどのパブリッシャー支援についてディスカッションを行うイベントです。これまでGoogle社のニューヨーク本社において実施されていましたが、現在はバーチャル開催となっております。

■AnyManagerについて

AnyManager(エニーマネージャー)は、Webメディア・アプリ・ECサイトのための All-in-One プラットフォームです。広告収益やサイト分析、キーワード分析を行う「Analytics」、メディアやECの表示スピードを高速化し、アプリのようなサクサク感を提供する「Speed」、Push通知やアプリ内メッセージを実現、コミュニケーションを活性化させる「Engage」、ワンタグで広告収益を最大化させる「Monetize」、AMPやWeb Storiesなどを簡単に実装できる「Build」の5つのサービスを提供しています。現在、AnyManagerは約70社のデマンドパートナーと連携して、収益化支援の機会提供を行っており、アジア全域の1,100社以上のパブリッシャーが運営する1,600を超えるWebサイト及び1,100以上のモバイルアプリで利用されています。(2021年10月末時点)

URL:https://anymanager.io/ja/

【AnyMind Groupについて】

2016年にシンガポールで創業し、インフルエンサー・クリエイターなどの個人、メディア・ブランド企業向けに、生産・EC構築・マーケティング・物流をワンストップで支援するソフトウェアとサービスを世界13市場17拠点で提供するテクノロジーカンパニーです。これまでに、LINE株式会社、未来創生ファンド、VGI、JAFCO Asia、日本郵政キャピタルなどから総額62.3百万米ドル(約68.6億円)の資金を調達しています。

URL:https://anymindgroup.com/ja/

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,449フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger