INCLUSIVE、デジタルコミックエージェンシーのナンバーナインを子会社化・・・漫画領域へ事業展開

メディアDXや地域メディアなどメディア事業を展開するINCLUSIVE株式会社が、2021年12月9日開催の取締役会において、2022年1月中(予定)に株式会社ナンバーナインの株式を取得し、子会社化することを決議したと発表しました。

INCLUSIVEは、成長戦略の柱の一つとして掲げていた「クリエイターエコノミー構想」の一環として、11月に電子コミック領域に進出するという計画を発表。ナンバーナインの子会社化は、その構想を具体化したものです。

ナンバーナインは、漫画の電子書籍配信サービスを主力事業としており、2018年のサービス開始以来、2021年10月時点で5,500冊以上の漫画を電子書籍化。個人のクリエイターが制作した漫画を電子書籍化し、取次を通して最大147の電子書籍ストアに配信できるサービスを展開しています。

電子コミック市場は中長期的に高い成長性が期待でき、クリエイターエコノミー構想を漫画領域・NFT領域に拡張することが成長につながるとの判断から、ナンバーナインの子会社化を決定した、とのことです。

INCLUSIVEは、すでに事業を展開している地域メディア領域において新規事業を提案していくとともに、今後ナンバーナインと連携してクリエイターエコノミー構想を推進し、高い市場成長性が期待できる電子コミックや動画領域にも積極的に事業を展開していく予定です。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,466フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ヘリテージが Pinterestに高品質の雑誌ビジュアルを提供開始

株式会社ヘリテージが、ビジュアル探索プラットフォ...

「MicroAd COMPASS」が「The Trade Desk」と提携 動画広告フォーマットの取引量を拡大へ

株式会社マイクロアドが運営する媒体社の広告収益化...

ChatGPTをリリースしたOpenAI、なぜ4兆円もの超高額な評価額がつくのか?

ChatGPTは、ユーザーからの問いかけに対して...

次世代SNSアプリ「TapNow」のサンゴテクノロジーズ、総額1億円の資金を調達

サンゴテクノロジーズ株式会社は、SBIインベスト...

関連記事