くふうカンパニー、子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」のアクトインディの株式を取得

株式会社くふうカンパニーは、親子で遊べる施設やイベント、子育ての知識などの情報を発信するアクトインディ株式会社の株式を取得し、資本業務提携することを発表しました。

くふうカンパニーグループは、生活者であるユーザーにとっての利便性や豊かさを最優先に考え、情報格差の解消や利便性の高いサービスづくりに取り組み、ユーザーの主体的な意思決定や行動につながる価値提供を目指しています。今回、アクトインディの株式を取得し、持分法適用関連会社としました。

同社は、アクトインディの普通株式を既存株主からの株式譲受、同社が実施する第三者割当増資の引受による取得を予定。発行済株式総数に対する同社の所有割合は、当該株式取得により33.4%となります。

子どもとおでかけ情報サイト「いこーよ」を軸に、全国の親子で遊べる施設やイベント、子育ての知識といった情報を発信するアクトインディと資本業務提携することで、同社グループの生活情報メディアや親子向けコンテンツ、地域情報、住まい情報サービスといった幅広い事業領域で連携を進め、サービス開発を促進していきます。

資本業務提携の内容

アクトインディの企業理念「価値ある未来を創る」と、同社の企業理念「くふうで暮らしを、賢く、楽しく」の実現に向けた成長シナリオを策定します。

また、アクトインディのサービスを利用するおでかけ施設、ユーザー基盤と、同社が保有するコンテンツ、メディア制作機能、サービス開発機能を連携。同社の事業領域でのライフステージに応じた暮らしをサポートする新しい収益軸を構築します。さらに、アクトインディのシステム開発体制のサポートも行います。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,455フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger