朝日新聞出版、ニュースサイト「AERA dot.」と季刊小説誌「小説トリッパー」に新編集長が就任

株式会社朝日新聞出版が運営するニュース・情報サイト「AERA dot.」と、季刊小説誌「小説トリッパー」は、新編集長が就任したことを発表しました。

「AERA dot.」は、2012年10月に「dot.」として開設され、2017年4月にリニューアルしたニュース・情報サイトです。「AERA」や「週刊朝日」など朝日新聞出版の雑誌や書籍のコンテンツと、webオリジナル記事で構成されており、報道に加えて教育・ライフ、エンタメ、スポーツ、ヘルスなど、欲しい情報をわかりやすく取り上げています。

今回、新編集長に、AERAの記者、週刊朝日とAERA dot.のデスクを務めた鎌田倫子氏が就任。ニュースサイトとしては女性ユーザーが多いサイトですが、編集方針で、扱うジャンルは問わないものの、30代40代の現役世代に向けたサイトにすることを明確にしており、その世代に必要とされる情報や、新しい視点を発信していきます。

鎌田倫子さん

現役世代の読者を意識して、子育てや教育に関する情報も提供。ニュースに関しては、独自の切り口や視点で身近なテーマや話題を取材する「特集」を充実させていく予定です。また、「AERA dot.」編集部が厳選した一般書やビジネス書、新書のダイジェスト版や、本に関する記事が読め、毎週月曜日にはゲッターズ飯田さんによる「五星三心占い」も配信します。

「小説トリッパー」は、1995年に創刊。純文学やエンターテインメントを問わず、とにかく小説の面白さを追求するという思いのもと刊行を続けています。

今回、新しく山田京子さんが編集長に就任。今までは季刊誌として紙の出版のみでしたが、4月より新しく「web TRIPPER」も立ち上げました。小説だけでなく、朝日新聞出版が発行する文芸書の情報や注目の作家インタビューなど、面白いコンテンツも増やしていく予定です。

※初出時、タイトルが誤っていました。お詫びして訂正いたします

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事