小学館のメタバースプロジェクト「S-PACE」、DACが開発支援

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)は、株式会社小学館のメタバースプロジェクト「S-PACE(スペース)」へ、同社のXR・メタバース領域でのメディアおよび広告ビジネスデザイン事業「arrova(アローバ)」にて参画します。

「arrova」は、ゲームやXRコンテンツなどのバーチャル空間内でのメディア開発・広告販売を展開するサービスです。メタバース領域でのコンサルテーションやメディアプロデュース、バーチャル空間内での広告配信システム・計測ツールなどの研究開発に加え、小学館が昨年発足したXR事業推進室とともにメタバース事業に関する協議・計画支援も行っています。

今後も、小学館が取り組むXR・メタバース領域のコンテンツとコミュニティ形成、次世代のメディアコミュニケーション体験の策定・開発支援を行うほか、DACで展開中のメタバース広告のアセットを用いた事業共創も検討していきます。

小学館のメタバースプロジェクト

小学館は、XR・メタバース領域に対して「場のメディア化」をテーマとした新規事業への参画を発表しており、XR・メタバース領域を活用した実証実験・新規サービスを展開するプロジェクトを推進しています。

展開を予定しているメタバースメディア「S-PACE」は、小学館が保有するコンテンツと読者をつなげる独自のメタバース空間で、簡単にPCやスマホから来場できます。コンセプトは“コンテンツ作りからコミュニティ作りへ”。今後様々な作品や機能を実装し、一般公開を行う予定です。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事