【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究所が2012年から毎年調査を続けている「Digital News Report」の2022年版が公開されました。全文で実に164ページにわたり、日本を含む世界各国のデジタルニュースの状況を伝える非常にボリュームのある資料です。

Media Innovationでも複数の記事(ページ下部にリンク)で中身を紹介していますが、せっかくなので、読者の皆さんと一緒に読んでいくと面白いのでは? ということで、今回の記事を担当したメンバーによるオンラインイベントを開催したいと思います。

ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

日時: 2022年7月14日(木) 18:00-19:00
場所: Zoomによるオンライン開催
料金: 500円(Media Innovationの有料会員は無料)

※本イベントは有料イベントですが、Media Innovation Guildのライト会員、プレミアム会員の皆様には無料で参加いただけます。月額980円からご利用いただけますのでこの機会にぜひご登録ください(詳細)。

登壇者
前田邦宏 今回の記事を担当
堀 鉄彦 デジタルコンテンツ研究家
土本 学 Media Innovationのスタッフ

フォームから登録いただいた方にZoomの招待URLをお送りします。当日はそちらから参加ください。

ロイター研究所の「デジタルニュース報告書2022」を読み解く

1.ニュースの凋落と読者の分極化
2.敬遠されるニュースの背景
3.19%がニュースに支払う、米国の業界動向
4.ニュースメディアの信頼低下は、46%の国民が新聞を読まない国にする
5.世界のメディア関係者が騒然『選択的ニュース回避』とは
6.日本でもデジタル変革が始まるか?

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

中国のプロパガンダを拡散する72の偽ニュースサイトによる情報操作【Media Innovation Newsletter】8/8号

中国が自国の主張を正当化するため、積極的な工作活動を行っているのは知られていますが、サイバーセキュリティ会社、Mandiantの研究者は11ヵ国語で展開される72もの偽ニュースサイトや無数のソーシャルメディアアカウントを使った大規模な工作について報告しました。

ユーザーベースの2Q業績、売上拡大も積極的な販促で減益

株式会社ユーザベースが4日に発表した2022年1...

クロスロケーションズが過去最大の3.8億円資金調達 インフラデータの発展に寄与

独自開発した位置情報ビッグデータ解析エンジン「L...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事