ゼータ・ブリッジが2022年6月度テレビCM放送回数ランキング発表 興和が最多の5CMでランクイン

SMN株式会社グループ会社・株式会社ゼータ・ブリッジが、2022年6月度の全国地上波25局、BS放送6局で放送されたテレビCMの放送回数を集計しました。

調査は、2022月6月1日~6月30日、番組宣伝を除いた全国地上波25局、BS放送6局のテレビCMを対象に、動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査しました。

興和は、ランキング20位のうち、6位に「キューピーコーワiプラス」、8位に「バンテリンコーワα」など5商品がランクインしました。同社のこれらの商品は毎月ランクインしていますが、6月度の企業別のCM放送回数ランキングで1位となり、放送回数の総計は15356回。2位のリクルートホールディングスの14310回に1000回近くの差を付けました。

興和からランクインした5つのCMのうち、10位の「ウナコーワ エース」以外のCMは2020年から2021年の間に初出稿され、長く放送されているCMでした。これは、興和のCM出稿契約が時間枠をさだめず、一定期間内に指定した本数を放送する「フリースポット」であることが考えられます。6月度は世相を反映してCM出稿を自粛した企業が多くあり、その枠に興和のCMが放送されたのではないかと考えられます。

フリースポット契約は、放送する時間帯は放送局側が自由に選べるため放送単価が安価で済み、CM枠が空いてしまった時にはフリースポット契約の広告が挿入されます。投入実績を元に広告料が後払いで支払われるという、特殊なパターンの契約です。

2022年6月度 エリア別テレビCM放送回数ランキングは、リクルートホールディングス「じゃらん」(東京・大坂・札幌1位、福岡2位、名古屋3位)や、全日本空輸「国内線航空券タイムセール」(東京8位、大坂6位)、ユー・エス・ジェイ「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大坂4位、名古屋10位)など、各エリアで旅行や観光系のCMが多く放送され、日常が取り戻された世の中が写し出されました。

【東京】
【大阪】
【名古屋】
【福岡】
【札幌】
【BS】
2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

中国のプロパガンダを拡散する72の偽ニュースサイトによる情報操作【Media Innovation Newsletter】8/8号

中国が自国の主張を正当化するため、積極的な工作活動を行っているのは知られていますが、サイバーセキュリティ会社、Mandiantの研究者は11ヵ国語で展開される72もの偽ニュースサイトや無数のソーシャルメディアアカウントを使った大規模な工作について報告しました。

ユーザーベースの2Q業績、売上拡大も積極的な販促で減益

株式会社ユーザベースが4日に発表した2022年1...

クロスロケーションズが過去最大の3.8億円資金調達 インフラデータの発展に寄与

独自開発した位置情報ビッグデータ解析エンジン「L...

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事