AnyMind Groupが約50億円の資金調達を実施、累計調達額は約119億円に

AnyMind Group株式会社が、総額約50億円の資金調達を実施したことを発表しました。同社はこれまで約69億円の資金調達を実施しており、今回の調達により累計調達額は約119億円にのぼります。

今回の調達は、既存投資家の三菱UFJキャピタル株式会社に加え、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ株式会社JPインベストメント株式会社日本グロースキャピタル投資法人株式会社プロトベンチャーズなどの新規投資家を主な引受先として約40億円の第三者割当増資を実施。また、株式会社みずほ銀行より10億円の当座貸越枠を確保したことにより、総額約50億円を調達したとのことです。

AnyMind Groupは、2016年にシンガポールで創業以来、インターネット広告を中心とするマーケティング事業を始めとして、メディアやクリエイター支援、生産管理、EC サイト構築運用、物流管理、チャットコマース/CRM領域などビジネス範囲を拡大。現在、13ヵ国・地域に17拠点を展開し、2021年12月期の売上は190億円を超えているといいます。

今回の調達により、同社は既存事業のさらなる強化と、ASEAN・インドなど、アジアの成長市場を中心としたシェア拡大に取り組むとしています。

また、同社はこれまでに日本・インド・タイ・香港等において、7社の企業買収を実施。本調達資金を活用することで、今後も同社事業と相乗効果が見込まれる企業買収を、国内・海外問わず積極的に行っていくとのことです。

AnyMind Group 共同創業者兼CEOである十河宏輔氏は、コロナ禍下でも同社は堅調な成長を実現しているとした上で、「当社が事業を展開しているASEANやインドをはじめとして、アジアにおける経済は急速に成長の勢いを取り戻しており、人口増加のインパクトも含め、今後さらなる拡大が見込まれます」と分析。「今後も当社は攻めの姿勢を持ったグローバルへの事業展開加速及び、M&Aによるケイパビリティの拡大、成長に向けた投資と利益体制強化等を図っていくことで、アジアを代表する次世代のコマースインフラを目指してまいります」と述べています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【7月14日(木)開催】ロイター研究所の「Digital News Report 2022」を読む会

オックスフォード大学のロイタージャーナリズム研究...

関連記事