DMMブックスが初登場で1位獲得 2022年8月度テレビCM放送回数ランキング

SMN株式会社のグループ会社である株式会社ゼータ・ブリッジは、2022年8月度のテレビCMの放送回数を集計した「2022年8月度 テレビCM放送回数ランキング」を発表しました。

調査期間は2022月8月1日~8月31日。調査対象は、番組宣伝を除いた全国地上波25局、BS放送6局のテレビCMです。2022年8月度の商品別ランキングの1位はDMM.com「DMMブックス」でした。2位はIndeed Japan「Indeed」、3位はチューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド「スーパー自動車保険」となっています。

2022年8月度 商品別テレビCM放送回数(全国地上波25局、BS放送6局合計)

DMM.comが展開する電子書籍サービスのDMM.com「DMMブックス」は、初登場で1位となりました。電子書籍は、コロナ禍で需要が高まったサービスの一つです。会員獲得のための施策を電子書籍サービス各社が打ち出しており、DMMブックスは新規会員獲得の施策を実施。今回のCM内では、新規会員限定で70%オフになるクーポン配布のキャンペーンを訴求しています。

また、興和は先月の7月から順位を大幅アップ。8位「キューピーコーワαドリンク/キューピーコーワαゼロドリンク」(7月度1115位)、18位「キューピーコーワ コンドロイザーα」(7月度2021位)、19位「バンテリンコーワパットEX」(7月度1736位)と3つの商品がランクインしました。

2022年8月度 エリア別テレビCM放送回数ランキング

エリア別ランキングを見ると、DMM.com「DMMブックス」とIndeed Japan「Indeed」が目立っています。商品別ランキングの1位と2位にもなっているこの2商品は、エリア別ランキングでも5都市にランクインしました。

東京
大阪
名古屋
福岡
札幌
BS
2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事