テレビ東京がシンガポールのNFT事業会社・DEA社に約3億円出資 Web3技術を活用したコンテンツビジネス拡充

株式会社テレビ東京は、シンガポールを拠点にNFTのゲームプラットフォームを運営するDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.に、220万米ドル(約3億円)出資しました。

DEA社は、2018年8月にシンガポールで設立。自社で発行する暗号資産「DEAPcoin」とゲームを融合させたゲームプラットフォーム「PlayMining」に加え、自社プラットフォームで3つのNFTゲームを運営し、世界100カ国以上で250万人以上のユーザーを抱えています。

DEA社 山田耕三 Co-CEO(左)、テレビ東京 石川一郎 社長(中央)、DEA社 吉田直人 CEO(右)

今回の出資で、テレビ東京が手掛ける番組やコンテンツから派生するキャラクター等を用いたゲームや商品化ビジネスの拡大を目指し、配信、アニメ、イベント、通販・ECなどの事業をさらに成長させ、放送事業だけに頼らない収益構造の改革をさらに進めます。今後、同社はDEA社への出向も検討しています。

DEA社 トレーディングバトルゲーム「JobTribes」

【Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. (DEA社) 概要】
本社:シンガポール
設立:2018年8月
事業内容:NFTゲームの開発・運営、暗号資産「DEAPcoin」の運営
ユーザー:世界100か国以上で250万人以上
売上高・22年7月期:71億円
主なゲーム:「JobTribes」「Cookin’Burger」「麺屋ドラゴンラーメン」など

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事