「週刊少年ジャンプ」を発刊する株式会社集英社と「週刊少年マガジン」を発刊する株式会社講談社は約150タイトルを無料で読むことができるWEBサイト「少年ジャンマガ学園」を2109年4月8日(月)から6月10日(月)までの期間限定で公開します。

両社による史上初の共同プロジェクトはマンガ好きに加えて、マンガにあまり触れてこなかった人々にもマンガ作品と出会うきっかけを提供します。

©少年ジャンマガ学園製作委員会

22歳以下の若者は、無料でマンガが読める「少年ジャンマガ学園」

少年ジャンマガ学園は「マンガの学校」をコンセプトにし、「週刊少年ジャンプ」「少年ジャンプ+」「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」「マンガポケット」の5媒体から約150タイトル(2019年4月8日時点)が提供されており、全て無料で読むことが可能な期間限定のWEBサイトです。

これまであまりマンガを読んでこなかった若者世代にマンガを読んで欲しいという思いから、利用者は22歳以下を対象にしています。初めてサイトにアクセスしたときに「生まれた年」を入力することで認証される仕組みです。

「週刊少年ジャンプ」 「週刊少年マガジン」 両編集長のコメント

「週刊少年ジャンプ」編集部 編集長 中野 博之(なかの ひろゆき)氏
マガジンとジャンプがタッグを組んだ!?エイプリルフールみたいなニュースだけど、ウソじゃありません!少年たちにもっとマンガを読んでもらいたい。少年たちをマンガの力でもっともっと幸せにしたい。そんな想いから、世界一面白いマンガ校「ジャンマガ学園」が誕生しました。
授業はオール「マンガ」のみ! 最強の不良とか、かっこいい能力者とか、可愛いヒロインにも出会えるかも!? ひょっとしたら君自身が世界を救う鍵かもしれない。
さあ、ふるってご入学くださいませ!

「週刊少年マガジン」編集部 編集長 栗田 宏俊(くりた ひろとし)氏
ライバル同士がタッグを組むなんてまさに少年マンガみたいなことが起こってしまいました!
昨日の敵は今日の友。
心強い相棒です。
僕個人としては大っぴらにジャンプが読めて嬉しいです!
皆さんも僕らと一緒に「ジャンマガ学園」を楽しんでください。
ぜひ友達にも勧めてくださいね。
それでは2か月間、よろしくお願いします!

豊富なユーザー参加型コンテンツ

©少年ジャンマガ学園製作委員会

ジャンマガ学園では無料でマンガが読めるだけではなく、ユーザー参加型のコンテンツが豊富に用意されています。

●つなげ!キミのバトン。「マンガリレー」
「少年ジャンマガ」から1作品を読んで次の人につなぐマンガリレー。 リレ ーをつないだ人数に応じて指定の作品が読み放題になる「限定公開授業」が開催されるチャンスなど、さまざまな特典が用意されています。

● 作品の魅力を、キミの言葉で表現しよう。「読書感想文コンクール」
「週刊少年ジャンプ」「週刊少年マガジン」の連載作品への熱い想いをTwitterに投稿する感想文コンクール。入賞者には各種ポイントや賞品が贈られる。

● 両誌編集長も審査!「イラストコンテスト」
「ジャンプとマガジンの連載作品キャラクターが切磋琢磨しながら 過ごす学園生活」をテーマに、 思い思いのイラストをTwitterに投稿するコンテスト。最優秀作品には20万円の賞金を進呈。 さらに、両誌編集長が選定する「編集長賞」も用意されています。

「週間ジャンマガ学園」開校に込められた想い

SNSやスマホゲーム、動画メディアなど、エンタメが多様化した現在において、集英社・講談社ともに「若い世代にもっとマンガを読んで欲しい」という思いを持っていました。このたび2社がタッグを組み、『ジャンマガ学園』を公開。長年のライバル2誌による「共闘」によって、より多くの若い読者が、マンガの魅力・面白さに気づくきっかけになりたいとしています

©少年ジャンマガ学園製作委員会