バリューコマース株式会社が24日に発表した2019年12月期第1四半期業績は、売上高63億円(前年同期比34.7%)、営業利益12億4200万円(50.2%)、経常利益12億4200万円(51.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益8億3600万円(51.8%)となりました。

売上高は、「Yahoo!ショッピング」のストア向けCRMツール「STORE’sR∞(ストアーズ・アールエイト)」、クリック課金型広告「ストアマッチ」及び成果報酬型広告「アフィリエイト」が好調だったことにより、6,300,301千円(前年同四半期比34.7%増)となりました。

マーケティングソリューション事業は、ウェブサイト上で商品やサービスを販売している一般コマース事業者向けに、集客から顧客維持までのソリューションを提供する事業です。主要なサービスは、成果報酬型広告「アフィリエイト」です。当第1四半期連結累計期間では、「アフィリエイト」において、広告技術とビッグデータに基づく提案を実施したことで、コンバージョンが増加しました。この結果、セグメント売上高は4,522,694千円、セグメント利益は795,584千円となりました。

ECソリューション事業の、ECソリューション事業は、「Yahoo!ショッピング」をはじめとするオンラインモールのストア向けに、集客から顧客維持までのソリューションを提供する事業です。主要なサービスは、CRMツール「STORE’sR∞」及びクリック課金型広告「ストアマッチ」です。当第1四半期連結累計期間では、「STORE’sR∞」及び「ストアマッチ」ともに前連結会計年度に開発したストアの運用を一部自動化する機能が奏功しました。また、「ストアマッチ」については広告掲載面の拡大が業績に寄与しました。この結果、セグメント売上高は1,777,606千円、セグメント利益は714,434千円となりました。

今期の通期業績予想は、売上高120億円(前年同期比24.7%)、営業利益21億6000万円(27.2%)、経常利益21億5000万円(27.9%)、親会社株主に帰属する四半期純利益14億5000万円(29.2%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました